【男性だけじゃない!】女性のエグゼクティブ転職について現状を解説

「エグゼクティブ転職ねえ。男性はよくキャリアアップして高年収を狙えたり、役職に就けたりしてる。女性でもエグゼクティブ転職はできるのかなあ・・・。」

転職してキャリアアップを目指し、高年収を狙えるのがエグゼクティブ転職の魅力です。

男性ばかりがエグゼクティブ転職に成功し、女性はあまり成功できていないんじゃないかと思う方もいますよね。

この記事では、女性のエグゼクティブ転職の現状について、9つの項目に渡って解説していきます。

女性でキャリアアップを狙って自分の可能性を広げたい方に、参考になれば嬉しいです。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20170837242post-13002.html

スポンサーリンク

日本では女性のエグゼクティブ転職は消極的だった

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0-%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E8%B5%A4-2317444/

女性のエグゼクティブ転職は、世界と比べてみると日本が消極的であることがよく分かります。3カ国の課長職以上の役職者比率を挙げると

  • 【アメリカ】― 42.1%
  • 【イギリス】― 33.1%
  • 【スウェーデン】― 31.5%

という調査結果も出ており、日本全体の女性の役職者比率は、平均5%とされています(履創-飛躍の場を求める女性エグゼクティブ(候補者)の方より)。

ただし、これらのデータは2008年と過去のデータである可能性が高いです。

2019年時点、日本の女性のエクゼクテイブ転職は状況が変わりつつあります。

スポンサーリンク

女性のエグゼクティブ転職のニーズが高まっている

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%BF%99%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-ol-880800/

日本は、人手不足でどこの企業も人材を欲しているのが現状です。

人手不足であえぐ現状を打開しようと、女性が積極的に仕事で活躍できるように環境整備するため、「女性活躍推進法」が成立され、2016年4月1日に施行されました。

「女性活躍推進法」は、労働者301人以上の企業は、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定が義務づけられています。

国を挙げて女性の仕事での活躍を目指しているので、女性のエグゼクティブ転職のニーズが増えていくでしょう。

女性がエグゼティブ転職をすることは、企業にもプラス

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-%E9%9D%92-%E5%BB%BA%E7%89%A9-22039/

「女性活躍推進法」が施行され、現代の日本では「働き方改革」という言葉が多く聞かれるようになりました。女性の労働社会の参加が重要視され始め、企業の姿勢も少しずつ変わり始めました。

企業は優秀な女性社員を確保するために、女性が長く働けるように労働環境を見直しています。

育児と仕事の両立や長時間労働の見直し、休暇取得の推進など、女性がエグセクティブ転職をすることで、企業も社員が働きやすい環境作りを見直せるチャンスができるのです。

企業が労働環境を見直すことで、ブランドイメージの向上や離職率の改善が見込めるメリットがあります。

スポンサーリンク

女性が活躍するのを白い目で見る人もまだ残っている

https://www.pakutaso.com/20181107320post-18535.html

現代の日本社会は、国を挙げて女性の活躍を促進していることや、企業が女性雇用に前向きな姿勢を見せていることがよく分かりますよね。

ただ、日本には今でも、働く女性に対する後ろ向きなイメージが残っているのも事実です。

女性で優秀な能力があったとしても、男と比べて体力かないし、感情で決めつける。役職に就いていたとしても、社内や取引先でなめられるんじゃないか・・・?

といった偏見が残っている企業もあります。ですが、日本の社会情勢もこれから変化していき、古い考えをもった企業はこれから淘汰されていくのが現実です。

女性のエグゼクティブ転職に白い目を持っている企業は、こちらからお断りしましょう。

エグゼクティブナビ編集部

たとえ、エグゼクティブ転職をした先の企業があなたを白い目で迎えたとしても、真剣に仕事に取り組めば、必ずあなたを評価してくれる人が現れます。

女性の力をエグゼクティブ転職で活かす

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%97-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-1245776/

女性が男性よりも優れているとされている点が2つあり、この2つの力はエグゼクティブ転職をした先でも活かされるでしょう。

その、女性が男性よりも優れているとされているのが、仕事と育児を両立させる時間管理の上手さと、鋭い直感力です。

この2つは女性のエグゼクティブ転職で、男性よりも優位になれる可能性があります。

時間管理の上手さ

家庭を持っている共働きのキャリアウーマンは、時間管理の上手さが挙げられます。

仕事と育児を両立できるのは、普段何気なくこなしていることであっても、容易ではありません。

忙しい時間のなかで効率的に動けるよう、自分で工夫したり、ご主人に協力をお願いして課題を乗り切ることは、ビジネスにとっても重要な能力です。

直感力

女性の感は男性よりも鋭いとよく言われますが、まさにその通りです。女性は何事に対しても鋭く、男性よりも鋭い直感が何倍も発揮できます。

ビジネスでは、よく論理的な話が中心となりがちですが、直感や感性がビジネスの思わぬ付加価値を生み出すことがよくあります。

女性特有の感の鋭さで、新しい商品やサービスなど、新たな価値を生み出せるでしょう。

次の章からは、女性の「時間管理の上手さ」や「直感力」が活かせる、エグゼクティブ転職を考える際にぜひとも検討して欲しい職種を2つ紹介します。
スポンサーリンク

女性の強みでエグゼクティブ転職できる職種その1

https://www.pakutaso.com/20170852242post-13012.html

初めに、女性の強みを活かせるエグゼクティブ転職として、管理職が挙げられます。

えっ、管理職・・・!?そんな、私は経験ないしムリムリ・・・。

こう考えるのもムリはないかもしれません。ですが女性の、仕事と育児を両立できる時間管理の上手さは、管理職でこそ発揮できるのです。

女性の仕事と育児の両立は、こなすべきことを効率よく行えていることから、タスクをいかに効率よくこなせるかの感覚をつかめています。

なので、目標達成のためにいかに時間を使い、部下を動かすか、上手く立ち回ることができるのです。

エグゼクティブナビ編集部

管理職に就いた女性から、「意外に私にも向いているかも!?」という声も聞かれます。

女性の強みでエグゼクティブ転職できる職種その2

https://www.pakutaso.com/20140953253post-4569.html

次に女性の強みを発揮できる職種は、営業職です。営業系は男性のイメージが強いですが、女性の方が、意外にも顧客相手に力を発揮できることがあります。

営業のなかでも、特に消費財関連の営業で活躍できるでしょう。消費財関連の営業とは、以下のものが挙げられます。

消費財関連の営業
  • 住宅
  • 飲食
  • 生命保険
  • 金融
  • 生活用品

生活者目線である女性特有の鋭い勘を活かし、顧客の悩みを解決できるコンサルティング型の営業において、活躍できます。

女性のエグゼクティブ転職に強い、転職サービスその1

https://mynavi-agent.jp/lp/013-g.html?utm_source=cpa_001&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_001&nst=0&utm_expid=.IYVJpDNiSjWg7XwYM45eQw.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.best-w.com%2Freputation-cnt%2F13%2Fgg&t=20190609203726

ここから、女性のエグゼクティブ転職に強い転職サイトを2つ紹介していきます。

まずは、「マイナビエージェント」です。「マイナビエージェント」は、以下の特徴があり、女性のエグゼクティブ転職者からも人気です。

マイナビエージェントの特徴
  • マイナビにしかない独占優良求人が多い
  • マイナビエージェントのサポートが充実しているので安心
  • エージェントによるキャリアカウンセリングで、自分の強みやアピールポイントが分かる

独占優良求人の多さや、エージェントのサポートが充実しているので、安心してエグゼクティブ転職が利用できます。

エグゼクティブナビ編集部

25歳の女性が広告代理店のソリューション営業に、エグゼクティブ転職を果たした成功例もあります。

女性のエグゼクティブ転職に積極的な転職サービスその2

https://doda.jp/woman/

次に、女性のエグゼクティブ転職に強い転職サイトは「デューダ(doda)」です。「デューダ(doda)」も女性のエグゼクティブ転職者からも人気であり、以下の特徴があります。

デューダ(doda)の特徴
  • 転職求人が全国対応で、サイトの知名度が高い
  • 女性専用の転職コンテンツがあり、女性の転職に関する情報が豊富
  • 多くの転職求人がサイトに集まっていて、リクルートと並ぶ2強とされている

高い知名度と転職求人の多さ、女性の転職に関するサポートが充実していることから、女性のエグゼクティブ転職に強いんです。

まとめ

ここまで、女性のエグゼクティブ転職について9つの項目に渡って解説していきました。まとめますと、以下のようになります。

まとめ
  • 2008年時点のデータでは、日本のエグゼクティブ転職は消極的だった
  • 「女性活躍推進法」の施行により、女性のエグゼクティブ転職のニーズが増加
  • 企業は優秀な女性社員を確保するために、労働環境を改善している
  • 一方で、働く女性に対して後ろ向きなイメージを持っている企業も一部ある
  • 女性の「時間管理のうまさ」と「直感力」は、ビジネスで活かせる
  • 女性のエグゼクティブ転職は、「管理職」や「営業職」が向いている可能性がある
  • 女性のエグゼクティブ転職サイトには、「マイナビエージェント」や「デューダ(doda)」などのサイトがある

エグゼクティブ転職は男性の例がよく挙がりますが、女性でも充分狙うことかできます。まずは、自分の強みを1つでもいいので確認してみてはいかがでしょうか。

あなた自身もこの記事を参考にしてエグゼクティブ転職を検討し、自分の可能性を広げキャリアアップができるよう願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

本業の介護職正職員(6年目)として、毎日奮闘しながらwebライティングをしています。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②観光記事の執筆③納期厳守です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) twitterにて、私の書いた記事を毎月3つ公開しています。 Google検索10位以内の実績、Google検索数1000万のキーワードでトップの実績あり。 水族館に関する情報サイト、「ふぉむすい」を運営してます。 水族館と1人旅を愛する、おさかなさん。