50代での転職を成功に導く4つの秘訣について解説します!

この記事は「50代での転職に成功するためには何が必要か」「50代で転職に成功した人はどんな人か」を知りたい方向けに書かれています。

「50代で転職って、本当に可能なのか?」と、年齢を考えるとつい不安になってしまいますよね。

この記事では、50代でも転職に成功する秘訣から、転職に成功した人はどんな人だったかも含め紹介していきます。

この記事を読んで、心構えと十分な準備をした上で転職に臨みましょう!

スポンサーリンク

50代で転職を成功させる秘訣4選

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E3%83%9A%E3%83%B3-%E7%94%B7-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF-1149962/

この章では、50代で転職を成功させる4つの秘訣について解説します。50代で転職を成功させる4つの秘訣は以下の通りです。

  1. 経歴の棚卸をする
  2. 企業研究をする
  3. 転職エージェントを探す
  4. 諦めないこと

企業の採用担当者は、「吸収力が高く仕事の定着が早い若手を採りたい」「同じ能力なら、その後長く勤務できる若い世代を採りたい」と思っているはずです。

その中で50代で転職を成功させるには、相当の心構えと準備、めげない心が必要になってきます。

次の章から、50代で転職を成功させるための4つの秘訣についてそれぞれ解説していきます。

50代で転職を成功させるための秘訣①経歴の棚卸し

50代で転職を成功させるための秘訣1つ目は「自らの経歴を棚卸しし、整理する」ことです。

これまで1社にしろ複数社にしろ長年勤めて来た50代の方の経歴はかなり長くなるはずです。一方で採用担当者は日々何百という応募書類に目を通しています。

求めるポジションに対し自分のどの実績が最もPRできるのか」「ただ漫然と経歴を並べるだけでなく不必要な情報は思い切って捨てる」など、相手が欲しい情報のポイントを際立たせることが必要です。

相手が読んだときにスッキリと読みやすく、必要な情報に目が行くようになっているかは重要です。くれぐれもこれまでの職務経歴書をまるまる使い回すことのないように、適宜、内容変更してください。

50代で転職を成功させるための秘訣②企業研究

2つ目に必要なのは、「入社したい企業の研究を怠らない」ことです。

初めての転職ならもちろんのこと、何度か転職を経験されている場合、公式サイトなどをざっと見て「入社したい企業の情報」をすべてわかったつもりになっていないでしょうか。

次の具体的な企業研究の方法を試してみたかどうか、確認してください。

  • 入社したい企業の商品やサービスを利用する
  • 企業の口コミサイトをチェックする
  • 転職エージェントに転職先の求める人材を聞いてみる

多くの情報を多角的に集めることで、そこが本当に自分に合った企業かも判断しやすくなりますし、心の余裕も生まれます。

また、選考時にどれだけ企業を下調べしているかは、志望度の高さとしても評価されます。

経験豊かな50代だからこそ、わかったつもりにならず、貪欲に情報収集することが必要です。

50代で転職を成功させるための秘訣③転職エージェント

https://unsplash.com/photos/m0oSTE_MjsI

3つ目に必要なのが、「信頼できる転職エージェントを探す」ことです。50代での転職は長期戦になるかもしれません。

不安な時に頼れるパートナーを見つけておくことで、転職できないで辛い時も支えになってくれます。

また、転職エージェントは、あなたの転職を成功させるために転職を希望する会社の情報を教えてくれますよ。

転職をする時は、50代の転職をサポートしてくれる複数の転職エージェントに登録するのがオススメです。なぜなら、登録無料な上、求人総数も多く、幅広く募集ポジションを探すことができるからです。

50代で転職を成功させるための秘訣④諦めない

4つ目の秘訣は、「50代での転職活動は、場合により時間がかかることを覚悟し、あきらめないこと」です。

年齢により、書類選考で落とされる確率がかなり上がってきます。「それが当たり前」と割り切り、経歴のPRや相手企業の分析の精度を上げていきましょう。

「転職できなくて、辛い」などと精神的に追い込まれることが想定されます。もし、在職中であれば、今の状況を維持したままで転職活動を行ってください。

50代で転職を成功させている人の特徴①実績がある

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84-2874597/

ここから、50代で転職を成功させている人の3つの特徴を解説します。50代で転職を成功させる人の特徴1つ目は、「実績がある」ことです。

日本の企業では、年齢が上がるほどスキルや実績は高くなるという一定の前提をもとに判断されることも多いです。そのため「50代はスキルがあって当たり前」のように扱われます。

50代には、チームをまとめ、部下のモチベーションを含め人材管理をしてきた経験が求められます。

これまでの仕事で、マネジメント・管理職経験があり、その中で確かな実績を上げてきた人は、年齢に関わらず、それが活かされるポジションがあれば採用されるでしょう。

50代で転職を成功させている人の特徴②固執しない

転職を成功させている人の特徴2つ目は、「これまでにいた大手・有名企業のネームバリューや高収入を捨てられる人」です。

これまでの会社が大手・有名企業だと、転職した場合の収入や世間的評価は軒並み下がります。少なからずあったプライドを捨て、新しい企業で求められるポジションで確かな成果を残すことに集中できる人が望まれます。

そもそもそんな事は気にしない、とご本人が思っていても、ここまで一緒に連れ添ったご家族が応援してくれるかどうかは、今後の人生を考えても重要なポイントです。

収入やネームバリューにとらわれず、転職先の企業に魅力ややりがいを感じられるのか、家族を説得してもそこに転職したいのかどうかを、一度自問自答してみてください。

50代で転職を成功させている人の特徴③柔軟な対応

50代で転職を成功させている人の特徴3つ目は、仕事のやり方やスタイルを柔軟に変化できることです。

50代になると、前職で管理者であった人も、転職先では社員として、また、役職が実質降格となって勤務する場合もありますね。

そんな時「年下の上司や経営者の中で、前のやり方や自分のスタイルにこだわることなく新しい組織に溶け込んでいける人」かどうかは重要です。

もちろん全て相手に迎合する必要はないですが、いつの間にか培われてきた固定概念を捨てましょう。あなたの手腕を発揮するのは、社内の人間関係を築いてからでも遅くはないですよ。

50代で転職を考えた時に覚えておいてほしいこと

https://unsplash.com/photos/xj8qrWvuOEs

ここまで、50代で転職を成功させる秘訣や転職を成功させる人の特徴について解説しました。しかし、50代で転職することは、とても難しいという現実は、自覚しておかなければなりません。

たとえば、50代で転職をするということは、以下のような4つことを想定しなければなりません。

  • 収入が下がる
  • 今ある役職はつかなくなる可能性も高い
  • 年下に雇用・管理されることになる場合もある
  • なかなか思うように採用に至らず、長期戦になる

もちろん高い実績を誇り、転職先でもめざましい成果を上げられる方は上記を気にする必要はないかもしれません。

しかし、年齢的に体力・気力の多少の衰えを感じている方にとっては、現実的な問題です。50代で転職を考えるのであれば、上記の4つについて想定した上で、転職に臨みましょう。

まとめ

ここまで、「50代での転職に成功するためには何が必要か」「50代で転職に成功した人はどんな人か」をご紹介してきました。最後にまとめて紹介します。

  1. 経歴の棚卸をする
  2. 企業研究をする
  3. 転職エージェントを探す
  4. 諦めないこと
  1. 実績がある
  2. 固執しない
  3. 柔軟な対応ができる

50代で転職を成功させるには相当な苦労があるかもしれませんが、相手企業を知り、アピールできる実績をわかりやすくまとめ、信頼できるエージェントやパートナーと共に臨めば、決して無理難題ではないはずです。

この記事で紹介した「転職を成功させるための秘訣」と「50代で転職を成功させる人の特徴」参考にして、転職を成功させてください。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。