部下を管理することとは?人材を上手く育てる5つのポイント

「部下の管理をどのように行えば良いのかわからない」と、お悩みではありませんか?部下を管理するには目的があり、それを知れば、自ずと管理する意味がわかるようになります。

この記事では、部下を管理するとはどういうことか、その目的や取り組み方、部下を管理する際の5つのポイントについて解説します。

この記事を読んで、部下を管理する方法を理解して仕事を円滑に進めるための参考にしてください。

スポンサーリンク

部下を管理することとは何か

https://unsplash.com/photos/xj8qrWvuOEs

部下を管理することは、仕事で成果をあげる人材に育てることに通じます。なぜなら、管理の目的は、成果を出して会社全体の発展に貢献することだからです。

たとえば、営業ノルマが達成できずに悩んでいる部下に対し、努力すべき点を見つけ適切に指導しとたとします。指導通りに改善し、部下が月のノルマを達成した場合、管理によって成果が出たと言えるでしょう。

このように、部下を管理することは、「成果創出」という目標に向かって部下を育てることを意味します。そして、仕事で成果をあげるために部下を指導したり育成したりするのが、管理職であるあなたの役目です。

次の章では、部下の管理をどのように行えばよいかについて解説します。

スポンサーリンク

部下の管理をどのように行えばよいか

部下を管理する時は、部下の自発性を育てることを念頭に置いて取り組むとうまくいきます。

部下の管理というと、部下の行動を逐一チェックしなくてはと思いがちです。ですが、細かく命令を出す上司のもとでは、部下は自分で考える力を身につけられず、支持待ち人間になってしまいます。

一方で、最低限のフォローはしながらも、仕事を部下に任せて見守るというスタンスを取ることで、「信頼されている」「結果を出そう」と部下のやる気を高めることにつながります。

このように、部下の自発性を引き出す管理には、強制しすぎず放任しすぎない、ほどよいさじ加減が必要です。次の章では、部下の自発性を育てる管理ポイントについて解説します。

部下の自発性を育てる5つの管理ポイント

https://unsplash.com/photos/XkKCui44iM0

部下を正しく管理して自発性を引き出す5つのポイントは、以下の通りです。

  1. 部下の能力を正確に知る
  2. 部下の得意分野を知る
  3. 気軽に話し合える場を作る
  4. 部下を信用する
  5. 部下に発言する機会を与える

上記のポイントを踏まえた管理の取り組みは、「部下の自発性を育てる」ことを軸にしているため、部下を適切に管理する環境を作ります。

部下に「自発的になれ」と命令しても、なれるものではありません。部下の仕事に対する意欲を引き出す環境を整え、意識しなくても積極的に仕事に取り組むよう指導するのが、上司の基本的な姿勢です。

部下をうまく管理したいなら、上記のポイントを基に、指導の方向性を決めたり、自分の行動を振り返ることが大切です。次の章から、5つの管理ポイントについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

部下を管理するポイント①部下の能力を正確に知る

https://unsplash.com/photos/g1Kr4Ozfoac

部下を管理する1つ目のポイントは、部下の能力を正確に知ることです。部下の能力を正確に把握することで、部下に合わせた適切な管理をおこうなうことができます。

たとえば、部下のできる・できないを把握していれば、できる部分に焦点を合わせて長所を伸ばしたり、できない部分はサポートしながら成長を促したりするなど、適切に指導できます。

適切な指導を受けた部下は、仕事内容に対して理解を深め、無理なく成長していくでしょう。仕事を覚えていくうちに、自発性も育まれていきます。

部下を管理するポイント②部下の得意分野を知る

https://unsplash.com/photos/npxXWgQ33ZQ

部下を管理する2つ目のポイントは、部下の得意分野を知ることです。任された仕事が興味を刺激するものであれば、部下は「やってみたい」とやる気を出します。

そして、「より良いものにしたい」と意欲を燃やしながら、自発的に仕事に取り組むようになります。

部下の趣向や人柄から得意分野を理解し、それと仕事内容とを関連付け、部下に任せてみましょう。

興味のある仕事に対して部下は、細く指示されなくても積極的に取り組むようになります。適切な仕事を部下に任せることは、自発性を引き出すことに繋がります。

スポンサーリンク

部下を管理するポイント③気軽に話し合える場を作る

https://unsplash.com/photos/e6n7uoEnYbA

部下を管理する3つ目のポイントは、気軽に話し合える場を作ることです。なぜなら、話しやすい環境は、部下の不安や不信感を軽減する役割を果たすからです。

もし部下と上司の間で失敗は許されない、弱みをさらしてはいけない、という空気が流れていたとしたら、部下は萎縮し、「上司に怒られないように働く」ことが仕事の目的になってしまいます。

そうすると、表面上は無難に進みますが、部下の自発性を育てるという点から見ると、管理は失敗していると言えるでしょう。

たとえば、1週間に1度、部下と話す機会を設けましょう。仕事のことだけではなく、プライベートなことの相談をできるよう心掛けると、部下は気軽に話し合いをしてくれますよ。

部下を管理するポイント④部下を信用する

https://pixabay.com/ja/photos/スタートアップ-起動-人-593344/

部下を管理する4つ目のポイントは、部下を信用することです。部下を信用していないと、過度に干渉してしまい、その結果、部下の自発性の芽を摘んでしまうことになります。

まずは「必ず成果を出してくれる」と、部下を信用しましょう。多少のミスには目をつむり、部下の自発的な発言に耳を傾け、簡単に否定したり救いの手を延ばしたりしないという姿勢が大切です。

たとえば、売上を前年110%増にするという課題を部下に与えてみましょう。売上を上げるために部下に様々なアイデアを出してもらい実行してもらいましょう。

自発性の芽を出し、それを育てるという姿勢で部下に接していくうちに、部下は実力をつけていきます。部下に実力がつけば、安心して仕事を任せられることも増えるでしょう。

部下を管理するポイント⑤部下に発言する機会を与える

https://unsplash.com/photos/KdeqA3aTnBY

部下を管理する5つ目のポイントは、部下に発言する機会を与えることです。人前で発言しなければならない状況では、部下は自分で発言内容を考えていかなければなりません。

たとえば、ミーティングでは、あえて発言を控え、代わりに部下に発言させるなど、できる範囲で行動を起こさせるよう機会を作りましょう。

あなたの代わりに部下に行動させる練習を重ねることは、部下の自発性を育てることに繋がります。そうなれば、部下に仕事を任せられ、あなたが口うるさく言わなくても業務が捗る、ということも夢ではありません。

自発性を持つ部下たちと共にチームの成果を最大限に引き出すには

自発性を引き出した部下たちをまとめ、チーム単位で成果を引き出すには、互いの強みを認識することがポイントになります。なぜなら、互いの存在を認め合い、協力しながら仕事を回せるようになるからです。

チームのメンバーが互いの強みを認識していれば、部下はチーム内で自らの存在を自覚し、上司に言われなくても、自分の仕事に取り組むようになります。

たとえば、チーム内で企画の得意な部下と資料のレイアウト作成が上手な部下が互いに強みを認識しているとしましょう。

企画が得意な部下がアイデアをまとめ、資料作成が得意な部下がきれいな資料を作成するという分担をすることで、より高い成果を出せるようになります。互いの強みを理解するとお互いの支援を促し、メンバーの成長に繋がるのです。

まとめ

部下を管理する意味や、取り組み方、そして管理する際のポイントについて解説しました。最後にまとめて紹介します。

  1. 部下の能力を正確に知る
  2. 部下の得意分野を知る
  3. 気軽に話し合える場を作る
  4. 部下を信用する
  5. 部下に発言する機会を与える

部下を管理する目的を知ると、それを達成するために何が必要かが見えてきます。

部下を上手く育成するには、自発性を引き出すよう管理することです。自発性が上手く育てば、部下はチームの中に入っても主体性を持ち、仲間とともに積極的に仕事に励むようになります。

ご紹介した5つのポイントを参考にして、部下の管理に取り組んでいきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。 所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。