ヘッドハンティング転職するときの注意点と3つの退職するための理由

現代社会では終身雇用制度が崩れてきた中、頻繁にヘッドハンティングが行われています。

そんな中、もし自分にヘッドハンティングの話が舞い込んできたのなら、転職して現在所属している会社の退職を考えるでしょう。

しかし、一度落ち着いてください。ヘッドハンティングされたからといって本当に退職して、転職していいのか考えてみる必要があります。

今回はヘッドハンティングを受けたあと、退職する前にどうしたらいいのか、ヘッドハンティングでの退職理由について説明していきます。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングされてもすぐに退職しないで!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%81%9C%E6%AD%A2-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%A8%99%E8%AD%98-634941/

現在所属している会社に不満があり、ヘッドハンターから現職より好条件での勧誘があると心が揺らいでしまうかもしれませんが、すぐには転職・退職をしないようにしてください。

一度提出した退職届は会社の同意がない限り取り消せないので、入社先の情報をちゃんと知ったうえで、退職をしていいのか冷静に考えましょう。

入社先が想像と違っていても、後には戻れません。転職先には自分がどのように会社で働いていくのか聞いておく必要があります。

退職する前にヘッドハンティングでの転職条件を確認しよう

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF-%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-1266989/

上述しましたが、退職すると後戻りはできないので、転職条件をちゃんと把握しておく必要があります。

雇用形態、ポジション、給与、部下、勤務開始日まで正確な情報を確認しなければ、現職より不利な条件で雇用されることになりかねません。

また自分に課されている達成責任を確認することもとても重要で、どのくらいの達成責任が課されているのか分からなければ、転職後に足元をすくわれる可能性があります。

重要なのは給料の交渉

出典:https://pixabay.com/ja/photos/dollar-%E9%80%9A%E8%B2%A8-%E3%81%8A%E9%87%91-499481/

ヘッドハンティングでの転職は、労働者側が入社の応募をする一般的な就職活動ではないので、労働者と会社側は対等な立場で給料の交渉ができるのがほとんどです。

基本給、手当、賞与、昇給・降給の仕組みも把握したうえで、前職より同程度以上の給料がもらえるのか交渉する必要があります。

ヘッドハンティングを受けた労働者の多くは、ある程度以上の地位が保証されるので、インセンティブ報酬やストックオプションなどの給料もあり得ます。

インセンティブ報酬やストックオプションは一般的な給与体系とは異なるので、事前に理解しておきましょう。

ヘッドハンティングの信頼性を確認しよう

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8F%A1%E6%89%8B-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-%E6%89%8B-3091906/

声をかけてきたヘッドハンターをすぐに信頼するのはよくありません。ヘッドハンターの中には悪質な目的で声をかけてくる人もいます。

一つの見分ける方法として、なぜ自分に声を掛けてきたのかヘッドハンターに経緯を聞いてみましょう。

ヘッドハンティングまで至った経緯を教えてくれず、履歴書や職務経歴書などで確認できるほどの理由しかなければ、信頼できる案件ではない可能性が高いです。

ヘッドハンティングでの退職はタイミングが大事

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%A0%82%E6%99%82%E8%A8%88-%E6%99%82%E9%96%93-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-620397/

会社の経営状況が悪い時期や当該会計年度の途中で、退職してしまうと周りからはいい目では見られず、いざこざに発展する場合があります。

退職する時期としては、会社の業績も落ち着き、翌年度の経営体制と人事が見えてからがベストです。

どれだけの時間その会社で勤めていたとしても、やはりその会社にはお世話になったので、退職するときは、あまり迷惑はかけず道徳としてきれいな形で退職するようにしましょう。

引き止められても断る!

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%88-%E8%B2%A0-%E6%8C%87-%E6%89%8B-%E5%81%9C%E6%AD%A2-1532838/

ヘッドハンティングされるような優秀な社員が辞めるとなれば、会社側からすると戦力ダウンになるので、退職理由を言っても引き止められる可能性は高いです。

もし引き止められ、いい条件を出されても自分の意思を曲げないほうが賢明です。

なぜかというと、提示されたいい条件が確かなものではない可能性があり、一度退職の意思を表したのに社内に残っていると腫れ物扱いされる可能性もあります。

はぐらかしたり、それとない理由で退職しようとすると引き止められる可能性が高くなるので、しっかりとした理由で退職をするのがベストです。次章からは引き止められないための適切な退職理由について紹介していきます。

ヘッドハンティングでの退職理由①:「一身上の都合により退職」

ヘッドハンティングをされた後、自社を辞めるときの退職願に書く理由として、「一身上の都合により退職」がベストでしょう。

「一身上の都合により退職」とは個人的な理由ということで、特に突っ込まれることはない当たり障りのない理由です。

しかし、ヘッドハンティングされるということは、それほど優秀な社員だということです。なので退職願に書いた内容だけでは認められず、口頭で引き止められる場合があります。

ヘッドハンティングでの退職理由②:素直に言う

今の会社と自分がいい関係性を持っていたのなら、素直にヘッドハンティングされたことを言った方がいいでしょう。

素直に言っても受け入れられそうな関係性にあった場合は、誠意を込め会社への感謝の気持ちをちゃんと伝えられれば、何の問題もなく退職できるはずです。

また今の会社と転職先の待遇の違いについて思うことがあるのならば、その不満をそのまま伝えてみるのもありです。その会社の待遇改善に繋がるかもしれません。

ヘッドハンティングでの退職理由③:嘘をつく

嘘は嘘でも、いい加減な理由だと見透かされてしまうので、嘘をつく場合は誰もが納得するように入念に考えておく必要があります。

納得しやすい理由としていいのが「今の職場では解決できないこと」です。

例として挙げられのが健康上の理由、家族関係などです。会社側がどうしようもない理由を言ってしまえば、引き止められにくくなります。

嘘をつく場合には、ボロが出ないように必要以上に喋らないことが大切です。嘘がバレてしまうと会社の人からは悪感情を持たれ、気まずい関係になってしまいます。

まとめ

しつこいようですが、ヘッドハンティング受けたからといって浮かれてはいけません。

冷静に考えて現職を退職していいのか、転職していいのか判断しましょう。誤った選択をしてしまうと取り返しのつかないことになります。

退職する際には、今までお世話になったことに対して必ず感謝の気持ちを伝えましょう。人としての礼儀であり、そうした配慮のない人は転職先でもうまくいきません。

冷静に物事を見る判断力と感謝の気持ちさえちゃんとしていれば、退職して新しい道に進んだとしても失敗することはありません。

【徹底調査!】ハイクラス転職とは一体何なのか、実態を調べてみた

2019年6月7日

大手ヘッドハンティング会社3社の口コミを掲載!その実態は

2019年4月18日