ヘッドハンティング転職で後悔する人の特徴と注意点とは?

主に外資系企業で行われていたヘッドハンティングは、近年になって多くの日本企業でも取り入れられ始めました。

そんな中、ヘッドハンティングを受けて転職し、成功した人もいれば、失敗し後悔した人もいます。

そこで今回は、ヘッドハンティング転職で失敗し後悔しないためにはどうしたらいいのか、ヘッドハンティング転職で後悔する人の特徴も交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングとは

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%B5%B1%E5%90%88-%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D-%E6%8F%A1%E6%89%8B-%E6%89%8B%E3%81%A7-1777537/

ヘッドハンティングとは、企業に勤めている優秀な人材を、他の企業がスカウトすることをいいます。

求人を出して、集まった候補者から採用するよりも、手っ取り早く自社が求める人材を探し出しスカウトできるので、ヘッドハンティングを取り入れている企業は、最近になって増えてきました。

ヘッドハンティングの対象者は企業の幹部や役員、今まで会社を引っ張ってきた経営者などの役職を持った人となります。

冷静に判断しなければ後悔することに!?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E9%A1%94-%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-2696408/

ヘッドハンティング経由の転職で必ず成功するわけではありません。

現職より好条件を提示されることが多いヘッドハンティングですが、ちゃんと内容を確認せず転職してしまうと後悔することになりかねません。

表面的にどれだけおいしい話でも、冷静な判断ができなければ転職すると失敗してしまう可能性が高いです。

そうならないためにも、まずヘッドハンティング転職で失敗し、後悔する人の特徴からみていきましょう。

ヘッドハンティング転職で後悔する人の特徴①:勘違いしている

転職したあと後悔する人の中には、ヘッドハンティングと普通のスカウトを勘違いしていて、転職してしまったという人もいます。

そもそもヘッドハンティングとは上記でも説明しましたが、幹部クラスの優秀な人材にしか声がかかりません。

ですが、知り合いの誘いや、人材紹介からのスカウトをヘッドハンティングだと勘違いして、勢いで転職してしまうというケースがあります。

勢いで転職してしまうと、明確な目的がないため自身の場所を見失い、後悔する可能性が高いです。ただのお誘いを勘違いせず、まずは今の会社でキャリアを積むことが大切です。

ヘッドハンティング転職で後悔する人の特徴②:自分に酔っている

ヘッドハンティングされることは素晴らしいことではありますが、それを機に浮かれてはいけません。

浮かれて天狗になってしまうと、普通気づくことにも気付かず、冷静な判断ができなくなってしまいます。

浮かれたまま転職先の情報をなにも把握せず転職した結果、「思っていたのと違う」ということになります。ヘッドハンティングされたのなら一度落ち着いて、現職と比べてみて本当に転職していいのか考えましょう。

悪質なヘッドハンターには注意を!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E7%94%B7-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-2056029/

ヘッドハンターの中には詐欺を目的とした悪質な者もいます。突然来たヘッドハンティングの電話で、好条件の案件を提示され、いざそこに転職してみたら詐欺だったということがあります。

ヘッドハンティング詐欺の手口は、スカウトされて舞い上がった心につけ込んでくるので、やはりここでも一度落ち着いて、電話の相手が少しでも怪しいと思ったのならば疑いましょう。

次の章からは、詐欺に遭わないようにするためにも、ヘッドハンティングからの転職で後悔しないためにはどうしたらいいのか見ていきましょう。

ヘッドハンティングで後悔しないためには【情報を確認する】

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF-%E4%B8%80%E8%A6%A7-2077020/

ヘッドハンティング転職で後悔しないためにはまず転職先の情報を確認することが肝心です。

入社した場合の、自分の雇用形態、ポジション、給与、達成責任、部下まで確認しなければ、その会社がどういった会社なのか判断できないため細かい部分まで確認するようにしましょう。

自分をスカウトしたヘッドハンターになぜ声をかけてきたのか経緯を聞くことも、いい判断材料になるので、一度聞いてみてもいいかもしれません。

ヘッドハンティングで後悔しないためには【給与交渉をする】

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E4%BC%9A%E8%AD%B0-336368/

ヘッドハンティング経由の転職は、一般の転職活動とは異なって、対等な企業と個人の関係で話すことができます。

そこで重要となってくるが、給与交渉です。今の会社と比べて転職先はどの程度以上もらえるのか把握する必要があります。

立場が対等な分、はっきりと自分が希望する給料を言いましょう。それ以下になるのならばその話はキャンセルしてもかまいません。

仕事内容に魅力があったのなら無理に釣り上げなくてもいいかもしれません。しかしヘッドハンティングされたのであれば、現在の給料のプラス20%くらいは要求してもいいでしょう。

ヘッドハンティングで後悔しないためには【すぐに退職しない】

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%88-%E8%B2%A0-%E6%8C%87%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81-%E8%A1%A8%E7%A4%BA-1532789/

一度出した退職届は会社の同意がない限り取り消しできないので、ヘッドハンティングを受けたからといってすぐに今の会社を退職するのはよくないです。

退職届を出したあとで、転職する気が変わり、今の会社を続けたいとなっても容認されることはありません。

口頭で退職の意思を伝えた段階なら取り消し可能ですが、会社との関係はきまずいものとなります。

なので、自分の意思が固まってから、転職先の雇用契約書や入社承諾書にサインした状態で退職することにしましょう。

ヘッドハンティングで後悔しないためには【相談する】

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%BC%E2%80%8B%E2%80%8B%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-2537390/

本当に転職していいのか自分だけでは判断できない場合、プロのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

転職者の悩みを解決してくれるサービスの転職エージェントを利用すれば、現職を続けるべきか、転職するべきか丁寧にアドバイスしてくれます。

無料で利用できるのにもかかわらず、プロのキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるので、転職での不安や疑問が拭えないのなら相談してみることをおすすめします。

まとめ

ヘッドハンティング転職は、誰もが成功するものではありません。

しかし、失敗する人には原因があり、その原因を見つけ改善することは可能です。

大切なのは、ヘッドハンティングを受けたからと浮かれず、一度落ち着いてその場の状況を冷静に判断することです。

ヘッドハンティングの機会があることは素晴らしいことですが、必ずうまくいくわけではないということを忘れないようにしましょう。

【徹底調査!】ハイクラス転職とは一体何なのか、実態を調べてみた

2019年6月7日

大手ヘッドハンティング会社3社の口コミを掲載!その実態は

2019年4月18日