ヘッドハンティング

【初心者向け】ヘッドハンティングの職務経歴書の書き方を伝授。 

「ヘッドハンティングを受けた企業の採用試験を受けようと思ってる。でも、職務経歴書ってどうやって書いていけばいいんだろう・・・。」

ヘッドハンティングを受けた時に、職務経歴書の書き方が分からないと、どうすればいいのか分からなくなってしまいますよね。

この記事では、ヘッドハンティングの職務経歴書の書き方を解説していきます。

エグゼクティブナビ編集部
エグゼクティブナビ編集部

「この記事を参考にして、職務経歴書の書き方について、1つでも身につけてもらえたらうれしいです。1つでも知っているか知らないかで、周りとの差を付けられますよ。」

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E6%89%8B-3196481/

ヘッドハンティングでも職務経歴書は重要

https://www.pakutaso.com/20170852242post-13012.html

「企業からヘッドハンティングのオファーを受けたから、相手企業も自分のことをよく知っている。だから、そこまで準備することもないよね。」

確かにヘッドハンティングでの採用は、企業はあなたの能力を見込んで、あなたを採用したいと感じています。

だからといって気を抜いていると、「今回の話はなかったことに」なんてことになってしまうかもしれません。

なぜなら、ヘッドハンティングの採用試験において、書類選考後は、一般の採用試験とは変わりがないからです。

なので、職務経歴書の内容をおろそかにしていると、面接のなかで応募者と企業のミスマッチが生じてしまいます。ヘッドハンティングでも、油断は禁物なのです。

職務経歴書は、ヘッドハンティングのプレゼン資料

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-1206345/

ヘッドハンティングの職務経歴書は、あなたの魅力を企業に伝えるための道具です。ある意味では、プレゼンの資料と言っても過言ではないでしょう。

そのため、自分が今まで経験してきたことを、時系列順に箇条書きしていった資料では、企業には何も伝わりません。

前提として、自分が経験したことを時系列順に把握したうえで、成果や経験を合わせて書く必要があります。

自分が出してきた成果や、経験したことを踏まえて相手に伝えることこそが、あなたの最大の武器となるのです。

ヘッドハンティングにおいて、職務経歴書でよく見られるところ

https://www.pakutaso.com/20170459116post-11288.html

ヘッドハンティングの採用において、企業は職務経歴書のどこを見ているのか、気になってしまいますよね。

企業はヘッドハンティング時に、応募者の職務経歴書の、以下の点をよく見ている傾向にあります。

企業が職務経歴書でよく見ている部分
  • 企業が求めている人材にふさわしいか
  • 仕事に対しての意欲はあるのか
  • ヘッドハンティングを受けた目的は何なのか

履歴書とは違い、職務経歴書はあなたの仕事に対する能力や姿勢、入社することによってどんな役割を務めてくれるのか、といった部分を見られます。

ヘッドハンティングをした企業は、一般の転職採用とは違い、あなたの能力を買っています。能力面に関して、より厳しく見られていることを覚悟しておきましょう。

ヘッドハンティングの職務経歴書で、絶対にやってはいけないこと

https://www.pakutaso.com/20180953255post-17431.html

ヘッドハンティングの採用で、絶対にやってはいけない職務経歴書の書き方があります。特に、以下のことはやらないでください。

  • ネットや書籍に載っている例文を、丸写しする
  • 他に受ける予定の企業でも、志望動機やセールスポイントを使い回す
  • 年齢や職歴、資格などの経歴詐称
  • 誤字脱字

「なんだ、当たり前のことじゃん。オレだったら、絶対そんなことはないね。」

確かに、当たり前のことです。ですが、油断していると上記のようなミスをしがちです。特に、誤字脱字は誰でも犯しやすいミスです。

前述した4つの項目は、職務経歴書を書くにあたって絶対にやってはいけないことですが、上記4つの注意点のうち1つでもやっている人は、意外にも多いです。

社会人なら、守って当たり前のルールです。当たり前のことこそ、徹底的に守りましょう。

ヘッドハンティングの職務経歴書で、退職理由はどうする?

「私は今まで勤めてきたなかで、退職した空白の期間があるんだけど、なんて書けばいいんだろう・・・。」

職務経歴書を書くなかで、退職して空白の期間があったり、転職回数が多かったりすると、なんて書けばいいのか分からなくなってしまいます。

原則、職務経歴書には退職理由を書かなくて大丈夫です。ただし、空白期間が1年と長かったり、転職回数が3回以上と多かったりすると、企業が気にする可能性があります。

この場合、退職後の空白期間を、ポジティブなものに言い換えてみてはいかがでしょうか。簡単な例を挙げると、以下のことが考えられます。

具体例その1

自分の本当にやりたいことを見つめ直すために、退職を決断しました。1年の退職期間では、自身の成長のためにプログラミングスクールに通ったり、気になる企業の研究をしたりしていました。

ご縁があり、今の企業に勤めることになり、私のプログラミングの力が認められ、大型案件のプロジェクトチームの一員になった経験があります。

退職期間中に感じた、成長する意欲を失わずに、貴社でも成長し続けていきたいと考えています。

具体例その2

私は今まで、営業職、パソコン教室のインストラクター、携帯ショップの販売員を行ってきています。

営業職と販売員の経験は、商品の売り上げに関する知識を学べました。

また、インストラクターの経験から、パソコンに詳しくない人でも、どうすれば分かりやすく伝えられるのか、人に伝える力を学べました。

御社の営業職として入社した後も、私が身につけた売り上げに関する知識と、人に伝える力を伸ばし、活躍していきたいと考えています。

ヘッドハンティングの職務経歴書のポイント①具体的に

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-%E7%94%B7-849810/

ヘッドハンティングの職務経歴書を書く時の最初のポイントは、具体的に書くことです。

職務経歴書は相手の企業にとって、あなたが「何を行ってきたのか」、「何年ぐらい」、「何名の規模で」といったことを具体的に伝える道具です。

具体的に伝える方法として、それぞれ以下の例を踏まえて説明していきます。

具体例その1
  • (修正前)私は、今勤めている会社で、新規事業を立ち上げることによって会社の売り上げに貢献しています。
  • (修正後)私は、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトのメンバー15名をマネジメントしました。一方で、新規事業の立ち上げに携わり、1年間で5億円の売り上げ成績を達成しました。
具体例その2
  • (修正前)私は、今までの経験を活かせる仕事に関心があり、貴社に入社したいと考えています。
  • (修正後)私は、7年間の営業職において、半年で2億円の売り上げに貢献した経験があるので、御社に入社した後も、私の経験を活かしたいと考えています

ヘッドハンティングの職務経歴書のポイント②詳細な情報

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%96%8B%E3%81%84%E3%81%9F%E6%9C%AC-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA-%E6%95%99%E8%82%B2-1428428/

ヘッドハンティングの職務経歴書を書く時の次に紹介するポイントは、詳細な情報です。

相手企業はヘッドハンティングでの採用をするにあたって、あなたの経歴に関してより詳細な情報を知りたがります。ヘッドハンティングをした企業は、あなたの能力を認めて、あなたに声を掛けたからです。

採用担当
採用担当

「この人は、情報を見る限りでは能力がありそうな人だ。でも、本当に弊社に入社した後でも活躍してくれるのだろうか・・・。」

このように、採用担当者は応募者に対して不安を抱くでしょう。相手企業に少しでも不安を払拭してもらうために、職務経歴書には以下のことを意識して、詳細な情報を書きましょう。

詳細な情報
  • 「勤めている会社の名前」や「役職・部署名」、「在籍している期間」を正確に書く
  • 「役割」と「成果」をセットにして、仕事の内容を書く
  • できる限り、「成果」は数字にして書く
  • 「経歴」は、アピールしたいものを中心にして書く

特に、会社名が英語であったり、長い会社名であったりすると会社の名前を間違えがちです。必ず会社のパンフレットや、ホームページで確認して下さい。

ヘッドハンティングの職務経歴書のポイント③セールスポイント

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%A9%BA-%E8%87%AA%E7%94%B1-%E5%B9%B8%E7%A6%8F-%E5%AE%89%E5%BF%83-%E7%A5%88%E3%82%8A-2667455/

ヘッドハンティングの職務経歴書を書く時の最後に紹介するポイントは、セールスポイントについてです。

「セールスポイントについて、色々と考えてみたけど、私にはそんなにたいした強みは見つからなかった・・・。」

職務経歴書などを書く時に、あなたのセールスポイントを相手企業に伝えるのも大切なことです。しかし、いざ考えると自分には何も強みなんてないと、自信をなくしてしまいます。

それは、あなたが自分のセールスポイントをうまく把握できていないだけで、誰にでも強みはあるのです。以下の点を意識して、あなたのセールスポイントを把握してみてはいかがでしょうか。

セールスポイントの探し方
  • 「~ができる(できるようになったこと)」
  • 「~を身につけた」
  • 「~を努力した」
  • 「~の時に達成感を感じる」
  • 「~が得意」
  • 「~の知識がある」
  • 「~には自信がある」

これらの点を意識して、あなただけのセールスポイントを探せば、相手企業も納得できる強みが見つかります。

ヘッドハンティングの職務経歴書について悩むなら

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%87%AA%E6%AE%BA-%E4%BA%88%E9%98%B2-%E6%A3%9A-%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85-%E7%B5%B6%E6%9C%9B-1267709/

「ヘッドハンティングの採用で、職務経歴書を書く作業って、なかなか大変ね・・・。」

ここまで紹介した、ヘッドハンティングにおいての職務経歴書の書き方は、ひとりでは大変な作業だと、感じる人もいるでしょう。

職務経歴書の書き方に困ったら、専門のヘッドハンティングサービスを利用して、職務経歴書について相談してみるのも大切です。主に、以下のヘッドハンティング会社が有名です。

ヘッドハンティング会社
  • 「BizReach(ビズリーチ)」
  • 「CAREER CARVER(キャリアカーバー)」
  • 「dodaエグゼクティブ」

上記のヘッドハンティング会社は、専門のコンサルタントが付いているので、職務経歴書について悩んだら、あなたの力になってくれます。

エグゼクティブ転職専用のヘッドハンティングサイトを5つ紹介!「ヘッドハンティングサイトを利用してみてエグゼクティブ転職を狙いたいけど、どのサイトを使えば良いのか分からない・・・。」 ヘッドハ...

まとめ

ここまで、ヘッドハンティングにおいての職務経歴書についての書き方を紹介していきました。もう一度、内容を振り返ってみます。

まとめ
  • ヘッドハンティングの採用は、書類選考後は一般の採用試験と変わりはない
  • 職務経歴書は、あなたを知ってもらうためのプレゼン資料
  • 企業は、求めている人材にふさわしいか、仕事に対しての意欲、入社する目的などを見てくる
  • 誤字脱字、例文の丸写しなど、絶対にやってはいけないことは徹底して守る
  • 退職によって空白期間が長い場合、理由はポジティブなものに
  • 職務経歴書は、具体的かつ詳細に書く
  • あなただけのセールスポイントを見つけて、職務経歴書に書く
  • 職務経歴書を書く作業が大変だと感じるなら、専門サービスを利用してみる

初めて、ヘッドハンティングの職務経歴書を書く場合は、なかなか時間がかかってしまい、大変な作業になってしまいます。

まずは、この記事で紹介したことを1つだけでもいいので意識して、一歩ずつ着実に進めてみてはいかがでしょうか。

エグゼクティブナビ編集部
エグゼクティブナビ編集部

この記事を参考にして、ヘッドハンティング採用の職務経歴書を書いてみてください。

ABOUT ME
ふぉむ
介護職兼、Webライターやメディア運営・編集を行っているお魚さん。 20種類以上のジャンルに渡る記事を書き、クライアント様や自前メディアで上位表示を達成した記事多数。 各メディアのテイストに合わせたSEOライティングを得意とします。 自前メディアでは、水族館の魅力を伝える情報サイト「ふぉむすい」を運営しています。 「読者の想いに応える記事を書く」をモットーに活動中です。

絶対に登録しておくべき「必須」転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職者の8割が利用している「必須級」の転職エージェントです。

求人数は数ある転職エージェントの中でも断トツのNo.1だから、あなたにぴったりの転職先が必ず見つかりますよ!

採用決定率No.1の実績もあり。本気で転職を考えるなら、必ず利用すべき転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・求人数No.1
・採用決定数No.1
・転職者の8割が利用!
求人数(概算) 公開求人数:13万件
非公開求人数:18万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ 転職を考えたら、必ず登録すべき転職エージェント

詳細・口コミを見る公式ページを見る

doda(ドゥーダ)

dodaは、求人数10万件以上を誇る国内最大級の転職エージェントです。

求人数、採用決定数こそ、上記のリクルートエージェントに劣るNo.2ですが、転職者の顧客満足度はNo.1となっています。

応募書類のアドバイスから、面接前後のフォローなど、安心して転職活動に取り組みメルサポートも充実しているので、初めて転職をする方は絶対に利用すべきエージェントです。

おすすめ度
特徴 ・転職者の顧客満足度No.1
・求人数、採用決定率No.2
・転職サイトとしてもエージェントとしても利用可能
求人数 10万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 初めて転職をする方
実績のある転職エージェントを利用したい方

ビズリーチ

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人が1/3を占める、ハイクラス向けの転職エージェントです。

また、転職エージェントの他に、転職サイト・スカウトサービスとしての側面もあり、自分にあった転職方法が選べるのもポイント!

転職エージェントサービスとしては珍しく、一部有料のサービスがある分、求人の質は担保されていると言えますね。

ハイクラスの年収、キャリアを目指す人に特におすすめの転職エージェントとなっています。

おすすめ度
特徴 ・求人の1/3が年収1,000万円以上案件
・ハイクラス向けの求人数No.1
・ハイクラス系だが、20代から登録可能
求人数(概算) 公開求人数:12万件
対応地域 全国
こんな人におすすめ ハイクラスの求人を探している方
質の高いサポートを求めている方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。

特に、外資系や海外進出企業の求人といったグローバル系に強く、英文レジュメのサポートなどにも対応しています。

ハイクラス向けということもあり、30代〜40代層。年収500万円以上の人におすすめの転職サービスと言えますね。

「自分の市場価値の向上を目指している」「現時点でスキルやキャリアがある」といった方にぴったりの転職エージェントです。

おすすめ度
特徴 ・キャリアアップや高年収を狙える求人が多い
・グローバル系の求人案件多数
・キャリアの棚卸し、内定後の条件交渉サポート等もあり
求人数(概算) 公開求人数:12,000件以上
対応地域 全国、海外
こんな人におすすめ ハイクラスを目指している方
外資系、グローバルの求人をお探しの方

詳細・口コミを見る公式ページを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手求人に強みを持つ人気の転職エージェントです。

特に20代〜30代の転職者の利用が多く、「20代に信頼されている転職エージェント1位」にも選ばれています。

求人数こそ、他の転職エージェントに一歩劣るものの、各業界に特化したエージェントのサポートに強みがあるので、職種を絞っている方におすすめのエージェントと言えます。

また、女性の転職サポートにも積極的なため、女性の方にもお勧めのサービスですよ!

おすすめ度
特徴 ・大手の求人が豊富
・20代〜30代に人気の転職エージェント
・女性の転職サポートにも積極的に取り組んでいる
求人数(概算) 公開求人数:3万件以上
対応地域 全国
こんな人におすすめ 20代〜30代で転職を考えている方
希望職種がある程度決まっている人