【もう遅い?】50代のエグゼクティブ転職について徹底解説! 

「エグゼクティブ転職か。今いる会社よりもキャリアアップして力を活かしたいんだけど、50代の年じゃあ、もう遅いだろうか・・・。」

キャリアアップを目指すエグゼクティブ転職は30代や40代が中心です。50代はもう遅いと思われがちですが、そんなことはありません。

50代でもエグセクティブ転職を狙って、自分の力を活かしたいという人が増えてきました。

この記事では、50代のエグゼクティブ転職の実情に説明していきます。最後の転職を、後悔のないものにしていきませんか?

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-437020/

スポンサーリンク

50代のエグゼクティブ転職が企業に求められている

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%93%E3%83%AB-%E8%B6%85%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%93%E3%83%AB-3094696/

かつて、転職市場では「35歳の壁」という、転職するのは35歳までが限界というのが定番でした。しかし、ここ最近では50代での転職も増加してきています。

背景として考えられるのは、急成長中のスタートアップ企業やベンチャー企業が即戦力として、経験豊富な50代の人材を求めているからです。

このことから、50代の労働者が自身の専門知識やマネジメントスキル、業界経験の長さを活かしてエグゼクティブ転職をしてキャリアアップをする動きが見られています。

エグゼクティブナビ編集部

50代のエグゼクティブ転職は、労働者自身の可能性を広げるチャンスでもあります。

50代の一般的な転職期間

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/15757.html

50代の転職活動を終える期間は、どの年代層よりも時間がかかってしまうというデータがあります。

上記画像のグラフによると、50代の転職活動にかかった期間が半年は32%1年程度かかったのが14%と、どの世代の回答よりも上回っていることが分かります。

このデータは一般的な転職活動についてのデータです。エグゼクティブ転職となると、企業とのマッチングの難しさなどがあり、より長期戦になる覚悟が必要です。

データ参照:エン・ジャパン-ミドルに聞く「転職活動期間」実態調査 ―「ミドルの転職」ユーザーアンケート―2018年12月17日時点のデータより

50代がエグゼクティブ転職をするメリット

https://www.pakutaso.com/20170537146post-11716.html

50代がエグゼクティブ転職をすることで、以下のメリットが挙げられます。以下の3点についてそれぞれ説明していきます。

メリット
  • 前職の経験や実績を活かして、キャリアアップできる。
  • ベテランの人材として、転職先の企業から重宝される。
  • 豊富な知識や経験を活かして、組織と共に成長できる。

キャリアアップ

50代の労働者自身が、今まで働いてきた中で身につけた経験や知識は、他で通用しないんじゃないかとネガティブに感じてしまうことがありますよね。

ですが、20代から50代までの約30年間まで培ってきた営業の経験や、プログラマーとしての経験を活かし、プロジェクトマネージャーや貿易会社の管理職で活躍している人もいます。

ベテランの人材として

企業にとって50代の労働者が身につけてきた豊富な経験や知識は、必要とされている場合があり、自分はたいしたことがないと思っていても、企業はあなたを必要としています。

特にベンチャー企業やスタートアップは、社員を教育できる環境が不足している点があり、社外から経験者を迎える動きを見せています。

50代の労働者は、社外からのベテラン人材として喜んで迎えられることもあるのです。

組織と共に成長

自分が経験した業務や知識を次世代の社員たちに伝えることで、企業に貢献したいという50代の労働者も目立ちます。

企業側も、社内教育にかかるコストを懸念して業界や知識に精通した社員を求めています。

50代の労働者が採用されることで、若い社員の教育で貢献し、自分自身も企業と一緒に成長できるでしょう。

50代がエグゼクティブ転職をするデメリット

https://www.pakutaso.com/20180253039post-15135.html

一方で、50代がエグゼクティブ転職をすることで、以下のようなデメリットもあります。

デメリット
  • また一から仕事を覚えていかないといけないため、労力がかかる。
  • 年収が下がる可能性もある。実は今いる企業の方が結果的に給料が良かったということもある。
  • 50代という年齢から転職するのを、家族が反対することも。

同じ業界や職種であっても、企業が違えば仕事のやり方が違うこともあり、また一から仕事を覚えていくのが大変です。

また、希望する転職先に給料を上げるためにエグゼクティブ転職をしたら、結局転職前の企業の方が待遇が良かったなんてこともあります。

さらに50代で家庭を持っている人は、お子さんの進学費用やローンのこともあり、奥さんの理解を得るためになぜエグゼクティブ転職をするのかを説明しないといけません。

50代のエグゼクティブ転職での強み

https://www.pakutaso.com/20180954270post-17663.html

50代のエグゼクティブ転職は、20代から40代のエグゼクティブ転職者とは違い、以下の強みがあるのが魅力的です。それぞれ説明していきます。

強み
  • 20代から40代の労働者と比べて、社会人としての人間性が身についているので転職先でも活かせる。
  • 今まで仕事をしてきたなかで、大小さまざまなプロジェクトを経験している。
  • 社外での人脈が豊富。

社会人としての人間性

50代の労働者自身が、20代の若い頃から今まで社会人として培ってきた人間性は、企業にとって魅力的です。

人間は歳をとれば落ち着きが生まれるもので、50代の年配社員の落ち着きは、企業が苦境に立たされている時に冷静な判断が下せたり、取引先の上層部にも気に入られる強みがあります。

大小様々なプロジェクト経験

様々なプロジェクトを経験した点は、企業にとっては魅力的に見えます。

50代の労働者は数々のプロジェクトに参加し、失敗や挫折といった困難な状況をくぐり抜けてきました。その失敗談を教訓として、転職先の企業に活かせる武器にだってできるのです。

社外での人脈

50代の労働者は、今まで仕事において取引をしてきた人との繋がりがあることから、相手からの信頼を得ています。

もし、転職先の企業があなたを知っている人なら、「こういう能力があってこんなことができる人だ。」「こういう実績があるから活躍してくれるに違いない。」というように、エグゼクティブ転職でも有利に運びやすいでしょう。

50代のエグゼクティブ転職での弱み

https://www.pakutaso.com/20150539128post-5482.html

一方で、50代のエグゼクティブ転職では強みばかりではなく、以下の弱みもあります。

弱み
  • 今までの自分のやり方が凝り固まっているため、相手にやり方を押しつけることも。
  • 体力が20代や40代と比べて劣る。
  • 自分の能力や立場を過信してしまうことも。

50代という長い社会人生活から培ってきた経験は、自分の経験だけに囚われてしまって時代の変化に対応できないこともあります。

体力も20代や40代の労働者と比べても劣っていることを自覚し、自分の能力や立場を過信しないことが大切です。

体力面や、時代の変化について行けるかどうかを踏まえ、エグゼクティブ転職をしてもいいかを自分自身に問いかけてみましょう。

50代がエグゼクティブ転職をする上での注意点

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A4%A7%E4%BA%BA-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%94%B7-3086305/

50代のエグゼクティブ転職は、キャリアアップなどを目指せる魅力がありますが、以下の注意点もあります。

  • 20代から40代の労働者と比べ実力を求められるため、責任が重い。
  • 50代という年齢から転職先の失敗ができず、後戻りできない。
  • 経験や知識だけでなく、人間性も重要視される。
  • 20代から40代と比べて求人数が少ない。

50代のエグゼクティブ転職は、自分の希望する年収やキャリアなどのマッチングが難しいため、ある程度妥協する必要も出てきます。

年齢から見ても、50代は最後の転職として、自分がどこまで納得してエグゼクティブ転職ができるかを突き詰めて考えるのが重要です。

また、エグゼクティブ転職の求人は30代や40代が多く、50代の求人は少ないです。より多くの求人を見つけるために、50代の労働者は複数のエージェントサービスを利用しましょう。

エグゼクティブナビ編集部

次の項目から、50代でもおすすめできるエグゼクティブ転職サイトを2つ紹介していきます。

50代のエグゼクティブ転職におすすめサイト①

https://www.bizreach.jp/

50代のエグゼクティブ転職でおすすめなのが、「ビズリーチ(BizReach)」です。

「ビズリーチ(BizReach)」は30、40代のエグゼクティブ転職が主なターゲットですが、50代をダーゲットとした求人も扱っています。

「ビズリーチ(BizReach)」は年収1000万円以上の経営幹部などの高度な求人が3割を占めていて、大手企業などの優良企業に採用されるチャンスがありますよ。

「ビズリーチ(BizReach)」に登録し、職務経歴書を作成すると企業やヘッドハンターから、直接あなたに声がかかる仕組みなので、あなたの希望に合った求人に出会える確率が高まります。

「ビズリーチ(BizReach)」は無料でも利用できますが、以下の有料プランを利用することで、エグゼクティブ転職の成功率を高められますよ。

  • 【タレント会員】― 月額3980円(税抜)
  • 【ハイクラス会員】― 月額4980円(税抜)

有料会員は、全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募、ヘッドハンターへの相談が可能です。

50代のエグゼクティブ転職におすすめサイト②

https://doda.jp/executive/

次に50代のエグゼクティブ転職でおすすめしたいのが、「デューダ(doda)エグゼクティブ」です。

「デューダ(doda)エグゼクティブ」は、年収1000万円以上の公開求人と、デューダ(doda)限定の非公開求人を扱っていて、経営層や管理職といったエグゼクティブ転職が可能です。

また、各業界の知識や経験がある専任のキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動が行えますので、50代でのエグゼクティブ転職の成功率を上げられます。

他にも以下のような年収1000万円以上の公開求人を扱っていて、自分がどういう求人に応募したいかの参考になりますよ。

年収1000万円以上の公開求人の種類
  • 管理職の求人
  • 英語力を活かす求人
  • 大手企業の求人
  • 外資系の求人
  • 海外勤務の求人
  • 新規事業の求人
  • 社内ベンチャーの求人
  • メーカーの求人
  • IT・通信業界の求人
  • コンサルティングファームの求人
  • 転勤なしの求人

「デューダ(doda)エグゼクティブ」の全ての機能は、無料で利用できる点も魅力的です。

50代のエグゼクティブ転職まとめ

ここまで、50代のエグゼクティブ転職について解説していきました。

昔とは違い、50代で転職活動をする人も増える時代になりました。確かに、他の年代層と比較してもエグゼクティブ転職の難易度は上がりがちですが、チャンスはあります。

50代の転職活動は、最後の転職活動とも言われています。せっかくですから、今までの経験と知識を活かして、より高みを目指すエグゼクティブ転職を狙ってみてはいかがでしょうか。

【徹底調査!】ハイクラス転職とは一体何なのか、実態を調べてみた

2019年6月7日

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

介護職員(6年目)として、毎日奮闘しながらwebライティングをしています。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②観光記事の執筆③納期厳守です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) twitterにて、私の書いた記事を毎月3つ公開しています。 Google検索10位以内の実績、Google検索数1000万のキーワードでトップの実績あり。 水族館に関する情報サイト、「ふぉむすい」を運営してます。 水族館と1人旅を愛する、おさかなさん。