社長が感じるストレスの3つの要因とその解消法とは?

「目標だった社長になってみたけどストレスを感じる」と思っている方はいませんか?

今回は、社長の感じるストレスやその解消法をまとめてみました。

ストレスを抱えたまま働き続けるのは自分自身だけでなく社員や周りの人にも影響してくるため、意識的に生活に取り入れて解消していきましょう。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2658235?title=%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%82%8B%E7%94%B7%E6%80%A7)

スポンサーリンク

社長のストレスは理解されにくい

社長自身が「辛いと」感じていても、同じ立場の人間でなければ理解されないことが多いです。

社員などの周りの人間からみて、社長は「自由に発言や行動ができる」「誰からも文句が言われない」と思われてしまいがちです。

しかし、実際に自由なのは確かですが、自由の裏側には責任がつきまとっています

資金に関しての悩みや、業務についての悩みは周りにはなかなか見えにくい部分なので、社長のストレスは理解されないどころかどんどん肥大化していきます。

ストレスの要因①:自分で解決できないもの

ここからは社長のストレスはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

一つ目は自分で解決できないストレスです。例えば「経済の不況などが社長自身では解決できないストレスにあたります。

経済などの景気の動きをよくすることに対して、会社の社長一人の力ではどうしようもないにもかかわらず、経営に大きな影響を与えてきますよね。

景気が良くても悪くても、社長は会社を捨てて逃げだすことができないので、解決策が見いだせない不安からストレスがたまってしまいます。

ストレスの要因②:解決に時間がかかるもの

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%94%B7-%E6%84%8F%E6%B0%97%E6%B6%88%E6%B2%88%E3%81%97%E3%81%9F-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-390340/

二つ目は、解決に時間がかかるストレスです。例えば「解決できる見通しは立っているが解決するのに半年や一年、もしくはそれ以上かかってしまう場合」に対するストレスです。

起業などの長い年月をかけて準備してきたものは、その準備期間が長いほど、比例して変更する期間もかかってしまうのです。

例えば、会社で毎朝ラジオ体操を行うことにするだけでも、以下のことを行う期間を設ける必要があります。

  1. いつから始めるか決定する
  2. 社員に知らせる
  3. 社員の賛否を確認する
  4. 仮導入を行う(お試し期間として数日間だけ実施してみる)
  5. どの程度効果があったのか、社員にアンケートなどで調査を行う
  6. 正式に導入する

このように自社の習慣を変更するだけでも多少の手間がかかるとすると、他社との取引にはその何倍もの期間がかかり、ストレスになってしまうことは容易に想像できますよね。

解決できるとはわかっているものの、解決までに時間がかかってしまうことで、社長のストレスは大きくなっていくでしょう。

ストレスの要因③:将来の不安によるもの

三つ目は、将来の不安によるストレスで、「将来のことを考えると寝られない状況」になっていることです。

経営には完璧なものはなく、たまたまうまく進むことはありますが、永遠には続きません。

「もし○○○が起こったら」「もし○○○がなくなったら」と考えていくうちに眠れなくなってしまうのです。

この「もし」はいくら考えても無くなることがないため、「将来の不安」は常に社長の身に付きまとい、社長のストレスになってしまうのです。

ワンマン社長ほどストレスが少ないと思われがち。

命令や指示だしは頻繁にするのに、社員の意思決定を尊重しない、つまり仕事をやらせているけど、仕事を任せない人のことをワンマン社長なんて言いますが、あなたはこうなっていませんか?

周りの意見を尊重せずに、自分の思うように指示を出すワンマン社長はストレスが少ないように思えますが、ストレスを感じているワンマン社長もいるんです。ワンマン社長には2種類あります。

  1. 自信があるワンマン社長
  2. 自信がないワンマン社長

前者はストレスを感じていない社長で、後者はストレスを感じている社長です。

後者は、不安を隠すためにワンマンに振る舞う社長で、いわゆる自身がない社長ほどワンマンに振る舞うことで不安を解消しているのです。

社長のストレス解消法

ここからは実際にあらゆる社長が実践しているストレスの解消法をみていきましょう。

今回は以下のサイトを参考にして1位から3位までをご紹介していきますので、それ以降の順位が気になるといった方は以下のサイトを参考にしてください。

こちらのサイトと全く同じ記述にならないよう、私の個人的な感想や考えをメインにご紹介していきますので、両記事とも参考にしていただければ幸いです。

ストレス解消法を隣の経営者は、どうやってしているのか?経営者のストレス解消法ベスト15
https://okugoe.com/stress-reduction/

社長のストレス解消法:第1位 運動をする

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/491320?title=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%A8%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

運動をすることは、ストレス解消のもっとも王道といえますよね。

運動がストレスを解消するメカニズムに関しては諸説ありますが、脳内物質や脳の神経細胞がかかわっている説が濃厚なようです。

適度に運動することで脳の構造や機能が変化し、ストレスへの対処が上手になるのではないかと考えられています。

一旦場所を変えて新鮮な空気を吸ってみたり、凝り固まった筋肉をほぐせば、良いアイデアも浮かんできやすく、汗を掻くことでストレスの解消にもつながるので試してみてください。

社長のストレス解消法:第2位 食べる・飲む

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1928542?title=%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A7%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E4%BC%9A

食欲は人間が本能的に求める欲求なので、食欲が満たされればストレスも緩和されるのでしょう。

今回の解消法で参考にしたサイトの中で、「友達と飲むときは、ネガティブな話は禁止と決める」と記述されていたのですが、これは私も効果があると思っています。

会社の同期や友達と飲みに行くときに、「上司の悪口は鉄板!」となっている風潮がありますが、一旦禁止してみると前向きで中身のある会話ができるためストレスの解消につながりますので試してみてください。

社長のストレス解消法:第3位 寝る

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/91506?title=%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%A5%B3%E6%80%A76

「社長は寝る間も惜しんで作業する」なんてたびたび聞きますが、睡眠はとても大切なことです。

睡眠不足によって身体の疲労が取れずにストレスを感じ、そのストレスがさらに睡眠不足の要因になってしまうこともあります。

身体の疲れとストレスのたまりやすさはとても関連性が高いものなので、身体の疲れを解消していくことが、ストレスの解消にも効果的だと言われていますので試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?社長には周りに理解されにくいストレスを感じている方が多くいます。

今回あげたストレスの種類で、普段あなた自身が抱えているストレスがどのような原因から来ているストレスなのかを分析し、自分に合ったストレス解消法を探してみてください。

今回は、気分転換に運動や食事をすることや、身体の疲れをとるために睡眠を多くとることでストレスは解消されることがわかりました。

なにかと責任が伴う社長にとって、ストレスは避けて通れないものなので、少しでも解消できる方法を探していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

デラお

本業はシステムエンジニアとして働いています。 時間を見付けてブログを書いたり、YouTubeでゲーム実況をしたり、ギターを弾いたりしています。 将来は独立し、フリーランスを目指して奮闘しています。