ヘッドハンティングの仕組みとは?転職エージェントとの違いは何?

ヘッドハンティングとはどのような仕組みなのでしょうか。また、転職エージェントとはどのような違いがあるのでしょう。ヘッドハンティングのメリットやデメリット、注意点も併せてご紹介していきます。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/861819?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E5%B1%95%E6%9C%9B-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E9%80%B2%E5%87%BA)

スポンサーリンク

ヘッドハンティングの仕組みとは?

ヘッドハンティングとは、他の企業に勤務する人材を引き抜くことを言います。引き抜きの対象となる人材は、役員や幹部クラス以上の方がその対象となり得るのです。

ヘッドハンティングは主に海外や外資系企業で活用されていましたが、近年では国際社会が活性化し、企業は競争力が求められているため、日本企業でもヘッドハンティングが活用され始めています。

また、一般社員の間でも「転職してキャリアアップを図る」という志向が強まっているため、ヘッドハンティングの認知度も徐々に高まってきています。

転職エージェントの仕組みは?

転職エージェントとは人材紹介サービスの一つです。転職エージェントの主な仕事内容は、求職者が抱えている悩みを解決し、求職者に合った仕事を紹介することです。

自分で仕事を探すのは大変なことですが、転職エージェントを利用すれば自身に合った職業を紹介してくれるため、どんな職業が適職なのか判断できない方でも安心のサービスとなっています。

エージェントは人材を企業に紹介し、企業から報酬を得ているので適当に仕事を紹介してくることはありません。

転職者がすぐに辞めてしまうと、エージェント会社の評判にも関わるので一人一人ちゃんとした対応をしてくれます。

ヘッドハンティングと転職エージェントの違い

ヘッドハンティングと転職エージェントには以下のような2つの違いがあります。

  • 対象者の転職する意思の有無
  • 報酬システムの違い

転職エージェントは求職者の転職をサポートするので、求職者は転職をしたいと考えています。

しかし、ヘッドハンティングの場合は、ヘッドハンターからスカウトをするので、対象者は基本的に転職を考えていないケースが多いのです。

また、転職エージェントは完全報酬型ですが、ヘッドハンティングは依頼時と入社時に報酬を受け取るシステムとなっております。

ヘッドハンターの仕組みとは

先ほど本文中に出てきた「ヘッドハンター」とは、ヘッドハンティングをするスカウトマンのことを表します。

ヘッドハンターはヘッドハンティング対象者を調査し、実際に会って会話をするのが主な業務となっております。

企業が希望する人材をヘッドハンティング会社に依頼を出し、ヘッドハンターが企業の求めている人材を探し出すため、ヘッドハンターは営業のプロとも言えます。

また、中には自分の利益しか考えていない悪質なヘッドハンターもいるので、もしも自身に声が掛かった時は注意が必要です。

ヘッドハンティングの仕組みによるメリットとは?

ヘッドハンティングによる転職の最大のメリットは「年収が上がる」ことでしょう。

年収が上がること以外にも「待遇が良くなる」「新しい環境で働くことができる」「キャリアアップに繋がる」というメリットもあります。

基本的にヘッドハンティングを受けた場合は、現職よりも年収が上がるものです。転職をしても年収が上がらなければスカウトされた側は転職しようとは思いません。

企業は対象者に転職してもらうためには、好条件を提示することが必須なのです。しかし、ヘッドハンティングは良い事ばかりだけでなく、当然デメリットもあるので注意が必要です。

ヘッドハンティングの仕組みによるデメリットって何?

ヘッドハンティングのデメリットは条件面ではなく、主に環境や人間関係、精神面などにあります。

ヘッドハンティング転職のため、職場の人たちは「仕事ができる人」と期待をします。その期待によるプレッシャーから精神的に耐えきれなくなって、転職後に後悔する人は少なくありません。

また、新しい職場では人間関係が既に形成されているため、他の上司や社員と馴染めず、働きにくいと感じて退職してしまう事も。

ヘッドハンティングを受ける時はよく考えて、慎重に行動することが大切です。

怪しいヘッドハンティングに注意!

もしもヘッドハンティングの話が自身の元にきたとしても、すぐに転職を決めるのは危険です。

ヘッドハンティングの話がくるという事は、自身のスキルや能力が他の企業に認められたと思い舞い上がってしまいがちですが、この世の中には悪質なヘッドハンティングが存在します。

悪質なヘッドハンティングに引っかかってしまうと、転職した後で後悔することになってしまいます。

転職後に後悔しないためにも、悪質なヘッドハンティングの特徴を見ていきましょう。

怪しいヘッドハンティング1【会社情報を提示しない】

会社情報を明かさないヘッドハンティング会社は要注意です。ヘッドハンターは会社情報を求められれば提示するのが普通ですが、情報を提示できないという事は悪事を働いていると考えられます。

そういうヘッドハンターは「契約した後でないと開示できない規約になっていますので」なとど何らかの理由をつけてきます。

そもそも会社自体が存在していないというケースもありますので、ヘッドハンティングを受けた時は、まずヘッドハンティング会社について調べるようにしましょう。

怪しいヘッドハンティング2【必要以上に転職を促してくる】

転職活動というものは一般的に3ヶ月から6ヶ月ほどかかると言われています。ヘッドハンティング転職も同様に同じくらいの期間がかかるものです。

転職は人生が変わる大きな事柄なので、簡単に決める事はできません。それなのに、転職を必要以上に促してくるヘッドハンターは注意が必要です。

そういうヘッドハンターは自身の利益しか考えていない可能性が高いので、転職してもロクな職場ではないでしょう。

ヘッドハンティングの仕組みを理解しよう

ヘッドハンティングは自身のキャリアアップや年収アップに繋がる、人生を左右するものです。

自身の元にヘッドハンティングの声がかかるという事は、大変光栄な事ですし、能力を認めてくれた証ですので嬉しい話ですよね。

ですが、悪質なヘッドハンティングも存在することを忘れてはいけません。ヘッドハンティング転職をより良いものにするためにも、ヘッドハンティングの仕組みをちゃんと理解する事が大切です。

【徹底調査!】ハイクラス転職とは一体何なのか、実態を調べてみた

2019年6月7日

大手ヘッドハンティング会社3社の口コミを掲載!その実態は

2019年4月18日