【必見!】金融業界のヘッドハンティングってどうなの?

ヘッドハンティングについて考えている方の中には、金融業界を志望している方もいるのではないでしょうか。実は、今も昔も変わらず金融業界では盛んにヘッドハンティングが行われているのです。

この記事では金融業界のヘッドハンティングに興味がある方向けに金融業界のヘッドハンティングの現状、ヘッドハンティングのメリット・デメリット、給料変化、ヘッドハンティングサービスなどについて紹介します。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/dollar-%E9%80%9A%E8%B2%A8-%E3%81%8A%E9%87%91-499481/)

スポンサーリンク

金融業界のヘッドハンティングの現状

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E5%88%A9%E7%9B%8A-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-2696219/

金融業界のヘッドハンティングの現状ですが、昔と変わらず今でも盛んに行われている代表的な業界の一つです。

欧米を例に挙げると、優秀なディーラー(顧客から預かった債券や株を売買して、差益を生み出す仕事)のヘッドハンティングが行われる場合、莫大な契約金が支払われることも珍しくありません。

ですが、ヘッドハンティングが盛んということは、優秀な人材の流出入が激しいことを表してもいます。

そのため、A社からヘッドハンティングされた人物が数年後にはB社、さらに数年後にはC社へとヘッドハンティングされるということは日常茶飯事にあるといっても過言ではないのです。

ヘッドハンティングにかけられる時間

ヘッドハンティングにかけられる時間は慎重な調査と交渉が必要となるため、採用までには早くとも3~6ヵ月、一般的には半年~1年、役員のような経営層となれば2年前後かかる場合もあります。

候補者を捜す時間や候補者を口説き落とす交渉、加えて転職期間も含めるとどうしても時間がかかってしまうのです。

特にエグゼクティブ・ハイクラス層(一般的には経営的な視点を持って業務を遂行できる優秀な人を指す)と言われる人材は、役員などの重要なポジションに就いていることが多いです。

そのため転職を考えていないターゲットにアプローチすることも多々あり、時間を要します。

金融業界でヘッドハンティングされるメリット

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%AF%E3%83%AA-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E5%A5%B3%E6%80%A7-3640938/

経済の血潮とも言われる「金融業界」でヘッドハンティングされるメリットは社会的地位が高いこと、給与水準が高いこと、他業界でも通じる常識や知識を養えるなどの大きく3つが挙げられます。

この3つについて以下で詳しく説明していきますので、順番に見ていきましょう。

社会的地位が高いこと

「金融業界」でヘッドハンティングされるメリットの1つに社会的地位が高いということが挙げられます。社会的地位が高いということは世間からの客観的な見られ方(知名度)が高いということですね。

そのため、「金融業界」にヘッドハンティングされることはあなたの自信にもつながるでしょう。

給与水準が高いこと

続いて挙げられるメリットは、「金融業界」は給与水準が高いということです。平成28年度の業界別年収データによると「金融業会」の平均年収はおよそ620万円となっております。

日本の平均年収である約420万円と比べるとおよそ200万円も高くなっております。

比較するために「情報通信業」の平均年収をあげると、およそ570万円となっており、500万円を上回る数字ではありますが、やはり金融業界の年収は高いんです。

他業界でも通じる常識や知識を養える

3つめは、他業界でも通じる常識や知識を養えるということが挙げられます。

金融はビジネスを行う上でなくてはならないものです。最重要部分ともいえる業務に関与することにより、他業界に転職した際にも通用する常識や知識を身につけ、養うことが可能となります。

金融業界でヘッドハンティングされるデメリット

「金融業界」でヘッドハンティングされるデメリットはなんといっても「周囲の期待やプレッシャーを受ける」ことが挙げられるでしょう。

これは「金融業界」に限らず他の業界にもあてはまることなのですが、ヘッドハンティングを受けて転職した人は、大きな期待をかけられます。

即戦力になる人材」という評価に対して、あなたは相手の求める成果を出さなければならないというプレッシャーを背負うことになるでしょう。

金融業界がヘッドハンティングしたいと思う人材

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E5%88%A9%E7%9B%8A-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-2696228/

金融業界がヘッドハンティングしたいと思う人材に共通しているのは「金融の知識を持っている」、「即戦力として活躍してくれる」です。

この2つについて以下で詳しく説明していきますので、順番に見ていきましょう。

「金融の知識を持っている」

「金融の知識」といえば具体的には決算書(財務諸表)が読めるということです。さらに詳しく言うと決算書とは「貸借対照表」、「損益計算書」、「キャッシュフロー計算書」などのことを表します。

財務諸表は、企業の経営を正確に把握するために作られる書類であり、企業の経営がうまくいっているかどうかを知るための資料です。

財務諸表を読む力があれば、企業へ融資をするかどうか冷静に判断することができるので、ヘッドハンティング先の企業でも対応できますね。

「即戦力として活躍してくれる」

「即戦力として活躍してくれる」ということもヘッドハンティングをしたいと思われる人材であるためには必要不可欠でしょう。

「即戦力」という言葉通り、ヘッドハンティングされる人材はすぐに物事を遂行できる状態でなくてはなりません。

いくら「金融の知識」があってもそれを使えなければならず、「知識として知っている」からといってそれを「使える」とは限りません。

ヘッドハンティング先ですぐに活躍できる人材になるためにも、日ごろから「知識を使える」状態を目指してみるといいでしょう。

金融会社を扱う日系のヘッドハンティング会社サービス

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E9%80%9A%E8%B2%A8-%E6%8A%95%E8%B3%87-%E4%BF%9D%E9%99%BA-1523383/

「ヘッドハンティングサービス」と聞くと文字がカタカナであるため、ついつい外資系のサービスしかないと思うこともあるかもしれません。けれど、日系のヘッドハンティングサービスもあります。

以下ではおすすめの日系ヘッドハンティングサービスを2つピックアップしましたので順番に紹介していきます。

キャリアカーバー

「キャリアカーバー」は、リクルートキャリアが運営するエグゼクティブ層向けのサービスです。後ほど紹介する「ビズリーチ」と並び、エグゼクティブ層向けのサービスでは、日本でトップクラスです。

「ビズリーチ」に比べると知名度が低いのが残念なのですが、ヘッドハンターを自分で選ぶことができるだけでなく、全ヘッドハンターのプロフィールを閲覧できます。

そのため、自分がどういったヘッドハンターにヘッドハンティングされたいのかが決まっている方におすすめのサービスであるといえるでしょう。

ビズリーチ

「ビズリーチ」は、株式会社ビズリーチが運営するサービスで、無料会員と有料会員といった他のサービスではみられない特徴があります。

その違いなのですが、無料会員は有料会員と比べると、面接までに時間がかかってしまうことも多々あります。しかし、有料会員ですと無料会員では応募することができない求人に応募することができます。

また、有料会員は全てのスカウト(特定の人向けへの求人)にも応募できるといった攻めの姿勢をとることができるため、無料会員よりも満足できる結果を得られるでしょう。

以上のことから「ビズリーチ」は受け身の姿勢ではない、主体的にヘッドハンティングされたいと思う方におすすめできるサービスといえるでしょう。

金融会社を扱う外資系のヘッドハンティング会社サービス

金融会社を扱う外資系のヘッドハンティング会社も探してみると結構あるものです。日系企業のヘッドハンティングサービスでは物足りないという方は利用してみてはいかがでしょうか。

以下ではおすすめの外資系ヘッドハンティングサービスを2つピックアップしましたので順番に紹介していきます。

コーン・フェリー

「コーン・フェリー」はアメリカで設立された企業であり、ヘッドハンティングには大変力を入れており、充実したサービスを提供しています。

対応地域は、本社があるアメリカと日本全国で、扱う求人数、非公開求人数はともに不明ではありますが、利用料は無料で、ヘッドハンティング会社の中でも知名度が高いです。

知名度が高いということはそれだけ信頼できるサービスであるということですので、外資系ヘッドハンティング会社のサービスを利用したいという方におすすめできるサービスといえるでしょう。

ハイドリック&ストラグルズ

「ハイドリック&ストラグルズ」は本社がアメリカにあり、「世界最大級のエグゼクティブ・サーチ会社」であり、その質の高さ、サービスで世界の五大エグゼクティブ・サーチ会社の一角を占めています。

「ハイドリック&ストラグルズ」のヘッドハンターは他社では珍しい外国人と日本人でバランスよく構成されているため、海外・日本どちらの利用者への要求にも柔軟に対応できます。

そして、経営幹部を対象とした多様なサービスを提供しており、ヘッドハンターの意識も高いため、ヘッドハンティングされたいと思う方にとっては、自分の市場価値を客観的に知る絶好の機会にもなるでしょう。

以上のことから、世界的に知名度があり、エグゼクティブ層のヘッドハンティングに強いサービスを利用したいという方におすすめできるサービスと言えるでしょう。

ヘッドハンティングでどれくらい給料が変化するか

ヘッドハンティングされたいという方にとってどれくらい給料が変化するかということは非常に興味深いことではないでしょうか。

結論から言うと、給料が上がる方もいますが、残念なことに下がってしまう方もいるため、一概にいくら上がるか、下がるかを断言することはできないのです。

なぜ人によって様々なのかというと、ヘッドハンティングの現場では、給与交渉が当たり前のように行われているからです。そのため、弱気な姿勢ですと、「給料が下がってしまった。。。」ということになりかねません。

給料上昇には、交渉の場で臆せずに自分の希望額を述べることが重要ですが、どうしても受け身になってしまう方もいると思います。そんな方は記事内で紹介するヘッドハンティング会社サービスを利用してみましょう。

ヘッドハンティングされるために登録したい転職エージェント2選

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E7%B4%99%E5%B9%A3-%E3%81%8A%E9%87%91-%E9%80%9A%E8%B2%A8-1726618/

金融業界でヘッドハンティングされるためには転職エージェントに登録することがおすすめです。

しかし、金融業界の求人を取り扱う転職エージェントは、100社以上存在します。

ここでは、金融業界でヘッドハンティングを志望する全ての方におすすめできるエージェントを2社紹介します。

『JACリクルートメント』

『JACリクルートメント』は、外資系・国内企業の高キャリアポジションの転職に関しては国内実績No.1です。

また、提案力も極めて高く、ハイキャリアに特化しているため、担当となるコンサルタントの質がとても高いです。

そのため、キャリアに自信がある方や、金融業界でさらなるキャリアアップを狙っている場合には紛れもなくおすすめです。

『マイナビ金融エージェント』

『マイナビ金融エージェント』は全体的な評価が高いマイナビエージェントが展開する金融業界を専門としたサービスです。

大手転職エージェントと比べると中規模ではありますが、利用者満足度が圧倒的に高いエージェントであると言っても過言ではありません。

そのため、大手転職エージェントでは不安という方や少しでも評価が高いエージェントを利用したいという方におすすめです。

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%AD%A6%E6%A0%A1-%E7%B5%90%E8%AB%96-%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%AF-%E4%BF%A1%E9%A0%BC-2353408/

今回は金融業界のヘッドハンティングの現状、そのメリット・デメリットなどについて紹介しました。金融業界に限らず、他の業界でも言えますが、ヘッドハンティングされるということは決して簡単ではありません。

しかし、簡単ではないからといって、金融業界へのヘッドハンティングされるということが不可能というわけではありません。大事なのは、あなたが「金融業界へヘッドハンティングされたい!」という強い思いです。

そのような強い思いをもち、行動することができればきっと、あなたは明るい未来を迎えることができるでしょう。あなたが一歩踏み出せることを心より祈っています。

【徹底調査!】ハイクラス転職とは一体何なのか、実態を調べてみた

2019年6月7日

大手ヘッドハンティング会社3社の口コミを掲載!その実態は

2019年4月18日

ABOUTこの記事をかいた人

rihitokirin

本業でエンジニアをしてます。趣味は筋トレ、ジョギング、甘いものを食べることです。納得のいく選択をし、自分の人生を生きる。オールジャパンメンズフィジーク2023に出場する!独立2028目標。30歳までにマイクロソフトへ入る!