ヘッドハンティングを受けるにはどうすべき?やっておくべきこと8選

ヘッドハンティング 受けるには

あなたはヘッドハンティングを受けたことがありますか?この記事を読んでいるということは恐らくヘッドハンティングを受けたことはないのでしょう。

「同僚がヘッドハンティングを受けたという話を聞いてなんだか先を越された気分…」「自分もヘッドハンティングを受けたい!」

そんな方のためにこの記事ではヘッドハンティングを受けるためにやっておくべきことを8つ紹介します。

この記事に描いてあることを実践すればあなたも数々の企業からヘッドハンティングを受けることとなるでしょう。

トップ出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/155379?title=%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3525

スポンサーリンク

ヘッドハンティングを受けるメリット

ヘッドハンティングを受けるメリットとしては主に次の2つが挙げられます。

  • 承認欲求が満たされる
  • 交渉次第で条件が良くなる

承認欲求が満たされる

ヘッドハンティングをされたということはあなたのスキルや実績を認められたということです。

この事実はあなたの承認欲求を満たしてくれるでしょう。自分のことを認められたら誰だって嬉しいですもんね。

しかし、その感情に付け込んでくる悪質なヘッドハンターがいるので注意する必要があります。

交渉次第で条件が良くなる

企業側としては、ヘッドハンティングをした人材に自社で活躍をしてもらいたいがためにヘッドハンティングを行っています。

そのため、多少不利な条件(給料の上乗せなど)を提示されたとして、それに応じてでもヘッドハンティングした人材を獲得したいはずです。

交渉次第では、希望通りの条件で働くことが出来るようになります。

ヘッドハンティングを受けるには実績をつくる

出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%AE%9F%E7%B8%BE&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

ヘッドハンティングを受けたいのなら実績をつくる必要があります。営業であれば売り上げ、経営なら業績を上げることなどが実績に当たります。

数字で表せる実績をつくることで、あなたの仕事ぶりに目をつけてもらえる可能性がぐっと上がるのです。

逆に、数字で表せるような具体的な実績がないと、人脈がない限り、ヘッドハンティングされることはまずないでしょう。

まずは、数字で表せるような具体的な実績をつくれるように努力してみましょう。

ヘッドハンティングを受けるにはスキルを磨く

企業は希少性のあるスキルを身につけている人材を欲します。そのため、あなたが希少性のあるスキルを身につけることでヘッドハンティングされる確率は格段にアップします。

希少性のあるスキルを身につけるためには、次の3つを意識してください。

  • 需要に対して供給が足りていないスキルを身につける
  • 1つのスキルを極める
  • 複数のスキルを掛け合わせる

需要に対して供給が足りていないスキルを身につける

重要に対して供給が足りていないスキルを身につけることで、企業から「欲しい」と思われる人材になることができます。

需要に対して供給が足りていないスキルには、プログラミング、ライティング、経営などがあります。

1つのスキルを極める

1つのスキルを極めることで、自分の希少価値を高めることができます。

野球に例えると、盗塁という1つのスキルを極めることで、チームで必要な存在となることができます。

1つのスキルを極めれば、それだけその人材を欲する企業も多くなります。

複数のスキルを掛け合わせる

複数のスキルを掛け合わせることで、自分の希少価値を高めることも可能です。

あなたがもし100人に1人のスキルを2つ持っているとしたら、その2つのスキルを掛け合わせることで1万人に1人の人材になることができます。

ヘッドハンティングを受けるには人脈をつくる

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/681395?title=%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B91

ヘッドハンティングを受けるにはよりよい人脈を築くことが重要になってきます。社内での人脈と社外での人脈のどちらも大切となります。

社内人脈

良好な社内人脈を築くことでヘッドハンティングを受けやすくなります。良好な社内人脈を築くことで、会社の上層部から信頼されるでしょう。

そうなると、会社のホームページなどに名前が載ることもあり、社外の多くの人に自分の存在を知ってもらうことができます。

ホームページなどを通して、あなたが社内で活躍をしていると知ればヘッドハンティングしようと考える人がでてくるでしょう。

社外人脈

社外人脈を築くことが大切なのは言うまでもありませんね。取引先や、同業者との優良な人脈を築いておけば、そこから自社に来てほしいと声がかかる可能性があります。

ヘッドハンティングを受けるにはSNSで発信する

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB-%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-1206610/

あなたがどんなに優秀であったとしても、あなたの存在を知っている人が少なければヘッドハンティングされる確率は低いでしょう。

そこで、SNSを利用してあなた個人の考えなどを発信することをおすすめします。SNSであなた個人の考えややっていることなどを発信していくことで、あなたの存在を知る人が一気に増えます。

その結果、ある企業があなたに目をつけてヘッドハンティングされるかもしれません。

ヘッドハンティングを受けるにはセミナーなどに参加してみる

ヘッドハンティングを受けるにはセミナーや勉強会、異業種交流会などに参加してみてはいかがでしょうか。

本来の目的は学びを得ることですが、セミナーや勉強会、異業種交流会に参加することで有力な人脈をつくることができます。

また、参加者のリストなどから企業があなたに目をつける可能性もあるでしょう。

ヘッドハンティングされたいのであれば、空いた時間などに積極的に参加することをおすすめします。

ヘッドハンティング会社に登録

ヘッドハンティングされたいのなら、ヘッドハンティング会社に登録することをおすすめします。

ヘッドハンティング会社に登録することで、企業にあなたの存在を知ってもらうことができます。

以下の3つのヘッドハンティング会社に登録しておくことをおすすめします。

  • BIZREACH(ビズリーチ)
  • キャリアカーバー
  • クライス&カンパニー

BIZREACH

BIZREACHは日本で最大のヘッドハンティング会社です。とても質の高い仕事を紹介してもらえます。

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営しているハイクラス層向けのヘッドハンティング会社です。

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーはキャリア層を対象としたヘッドハンティング会社です。コンサルタント、事業企画、事務系を対象としています。

ヘッドハンティングを受けるには企業側の視点を考える

ヘッドハンティングを受けたいのであれば、常に企業側の視点を考えるようにしましょう。

企業はどんなスキルを持った人材、どんな人柄の人材を欲しているのかなどを想像することで、自分がどのような人材になるべきかが見えてきます。

それが分かれば、あとは自分が必要とされる人材になるために行動するだけです。

常にヘッドハンティングを側の視点を考えることを意識するようにしてください。

ヘッドハンティングを受けた時の注意点

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/699583?title=%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%99%BD%E8%83%8C%E6%99%AF

ヘッドハンティングを受けたら、自分の仕事ぶりが認められたような気がしてうれしいですよね。ですが、ヘッドハンティングを受けたとしても、舞い上がらずに確認してほしいことが2つほどあります。

  • 条件を確認する
  • 甘い話に騙されないように注意する

条件を確認する

ヘッドハンティングをされたら、今よりも良い条件で働けるような気がしますよね。ですが、場合によっては条件が良くならないどころか悪くなってしまうこともあります。

条件をしっかり確認して、今の会社に残るのかヘッドハンティングされた会社に行くのか検討してみてください。

甘い話に騙されないように注意する

偽物のヘッドハンターや、悪質なヘッドハンターも中にはいるので注意してください。良い条件を提示されたとしても、約束を守られないということもあります。

ヘッドハンティングされた際は、ヘッドハンティング会社を調べるようにしてください。

まとめ

ここで紹介した8つの方法を実践することであなたもヘッドハンティングを受けることができるでしょう。

ですが、ヘッドハンティングをされて別の会社に入ることはゴールではありません。ヘッドハンティング後の、新たに入った会社でも活躍し続ける必要があります。

そのため、ヘッドハンティングをされるためだけでなく、ヘッドハンティングされた後のことも考えて常に成長し続けることを忘れないでください。

【徹底調査!】ハイクラス転職とは一体何なのか、実態を調べてみた

2019年6月7日

大手ヘッドハンティング会社3社の口コミを掲載!その実態は

2019年4月18日

ABOUTこの記事をかいた人

くろ

理系学生ライター。 東京理科大学に在籍しつつ、執筆活動を行っています。