待遇交渉も出来る?ヘッドハンティングの受け方とは?

最近、言葉を聞くようになってきたヘッドハンティング。普通の転職とは違い、ヘッドハンティングでは就職後の待遇まで交渉出来る場合があります。

では、どのようにヘッドハンティングを受けることが出来るのかご紹介します。

トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/download/ビジネス%E3%80%80成功のイメージ/2323165?url=%2Fdl%2F%3Fp_id%3D2323165%26sz%3Dl%26f%3Dd473d538d03b7723a3e4209d134d6640#

スポンサーリンク

ヘッドハンティングの受け方とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4-%E8%AA%BF%E6%95%B4-%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%94%B7-690084/

初めに、ヘッドハンティングとは経営層や優秀な人材を他社から引き抜くことです。ヘッドハンティングを受けるには2つの方法があります。

1つ目は業界内で名前を知られることです。ヘッドハンターに優秀な人材として名前を知って貰うことで、スカウトをされる場合があります。

近年ではヘッドハンティングを恐れて、社内ホームページに社員の名前を出さないようにしている会社もあるそうです。なので、ヘッドハンターは会社が発行している媒体を見てスカウトしている可能性もありますね。

2つ目はヘッドハンティングの会社に登録することです。企業が求める能力や人材だった場合に紹介してもらえます。

受け方の次はメリットを知ろう!

ヘッドハンティングを受けるメリットは、通常の転職とは異なり入社後の待遇を交渉出来点です。

優秀な人材はすでに勤めている会社で高い地位や報酬を貰っている場合が多いです。そんな人材を引き抜く為に、待遇交渉に応じてくれる会社もあります。

また、就職しているうちに転職先が見つかる為、ブランク期間を作ることなく転職が出来ます

それにより、今よりも好待遇で、ブランク期間を作ることなく転職出来るのがメリットです。

受け方の次はデメリットを知ろう!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E7%94%B7-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7-1477601/

ヘッドハンティングのデメリットは、優秀な人材として入社する為周りの期待値が高いことや入社早々から責任ある仕事を振られる可能性がある点です。

周りからの期待が大きいのでそれがプレッシャーになる可能性があります。これに関しては個人の性格によるものなので、デメリットに感じない人もいるかもしれませんね。

また、ヘッドハンティング会社や転職エージェントの中には、企業名を伏せてスカウトをしてくる会社もあります。

この場合は、評判の悪い企業の可能性もありますので、企業名を伏せてくる怪しいヘッドハンティングは断った方が良いでしょう。

【ヘッドハンティング】嘘の見抜き方や断り方を紹介。

2019年6月18日

ヘッドハンティングとエージェントの受け方の違いは?

先程、少し転職エージェントの話をしましたが、ヘッドハンティングも転職エージェントも転職するためのサポートという点では同じです。

しかし、ゴールは同じでも転職に至るまでの経緯が異なります。では、それぞれどのように転職活動を行うのかご紹介します。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングは、企業が求めている人材をヘッドハンターが探すという構図になっています。その為、適性な人材に転職の意思があるかは関係ありません。

転職の意思がない人でも、ヘッドハンターに声をかけられた場合には転職をする可能性があるというわけです。

転職エージェント

反対に転職エージェントでは、転職を希望している人の条件に合う会社を紹介する構図になっています。

転職希望者からアプローチをすることになるため、転職希望者のスキルや実績と会社が求めている人物像とは異なる場合も多く、転職率は高くありません。

企業が求めている人材としてスカウトされている為、比較的ヘッドハンティングの方が転職率が高いでしょう。

エグゼクティブ転職専用のヘッドハンティングサイトを5つ紹介!

2019年8月6日

ヘッドハンティングに面接はある?受け方は?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%91%E7%B4%84-%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-2548138/

ヘッドハンティングを受けたからといって、転職が本決まりした訳ではありません。多くの場合は、通常の転職と同じように面接があります。

ただ、通常の面接とは異なりヘッドハンターが同席することもあります。

また、貴方の能力についてある程度知っている場合、面接とは云うものの条件のすり合わせだけの場合もあります。この場合は、しっかりとお互いの条件を確認し、ミスマッチにならないように気を付けましょう。

ヘッドハンティング転職した時ってどんな面接するの?

2019年2月28日

ヘッドハンティングを受けたら待遇交渉をしよう!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E5%A5%91%E7%B4%84-%E9%81%94%E6%88%90-3167295/

何度も述べていますが、ヘッドハンティングを受けたら待遇の交渉をしましょう。

まず、最初に考えて欲しいのは、なぜ会社はヘッドハンティングを使って人材を探しているのかということです。

色々と理由はあると思いますが、その1つとして「優秀な人材が欲しいから」というのが挙げられます。ヘッドハンティングを利用している会社にとって優秀な人材は、平均コストより掛かってもいいから欲しい訳です。

なので、多少の交渉は受け入れて貰える可能性が高いです。条件改善を渋ったが故に優秀な人材を逃す方が、会社にとって損害になりますので、自分の希望はしっかりと伝えるようにしましょう。

ただし、会社によってどれ程条件を飲んでくれるのかは異なりますので、しっかりと話を聞いてみましょう。

ヘッドハンティングをされたらすべきことから待遇交渉まで徹底解説!

2019年10月25日

ヘッドハンティングには偽物もいるって本当?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%8F%A9%E9%A0%AD-%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88-%E5%B7%A1%E7%A4%BC-1749358/

ヘッドハンターにスカウトされて喜ぶのは良いのですが、注意が必要です。

中には、企業から求人募集がないにも関わらずスカウトと称して登録させる会社もあります。分かりやすく言うと転職エージェントと同じです。登録してもらった後に会社に売り込むのは、偽物と言えるでしょう。

偽物のヘッドハンティングの場合、自分は求められている人材ではないので就職率が低かったり待遇が現在の勤め先よりも悪くなる可能性があります。

このような偽物に引っかからない為にも、ヘッドハンティングを受けたらどのような人材を募集しているのか、どのような待遇で転職出来るのかをしっかり確認しましょう。

ヘッドハンティングの多い業界

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9B%BB%E5%8D%93-%E8%A8%88%E7%AE%97-%E4%BF%9D%E9%99%BA-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-1044172/

ヘッドハンティングを受けたいけど、周りでそんな話を聞いたことないと思う方もいるかもしれません。それは、ヘッドハンティングが多い業界と少ない業界があるからです。

基本的にヘッドハンティングが多い業界は外資系です。近年では、日本企業でも増えてきましたが、やはり海外の会社の方が多いでしょう。

しかし、外資系の会社に就職していないからと言って、落ち込まないでください。先程も述べたように日本の会社でもヘッドハンティングが多い業界があります。それは保険業界です。

しかし、中には離職率が高く人材の穴を埋めるために、ヘッドハンティングを利用している可能性もありますので、よく考えて転職をしましょう。

ヘッドハンティングを断るときの注意点

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%AD%A6%E7%94%9F-%E5%85%A5%E5%8A%9B-%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-849822/

転職する意思がない場合、ヘッドハンティングをされても断るときがありますよね。なので、断りを入れる時の注意点をご紹介します。

  1. 返事は素早く
  2. 相手会社の悪口を言わない
  3. 断っても気にしない

1.返事は素早く

人生を決める大きな決断である為、しっかりと悩みたい気持ちも分かりますが返事は早くしましょう

貴方が断った場合、他の人をヘッドハンティングしなくてはいけません。その為、転職する意思がないのならば早く断った方が親切でしょう。

また、ビジネスにおいて素早い返信は信頼に繋がります。今は転職する気はなくても、将来ヘッドハンティングを受けたいときの為に、信頼を築いておくと後々自分が助かるかもしれませんね。

ヘッドハンティングのメールが届いた時の対処法。返信は迅速・慎重に!

2019年2月19日

2.相手会社の悪口を言わない

ヘッドハンティングをしてきた会社に対し、悪印象だとしても悪口は言わないようにしましょう

もしかしたら将来、取引会社になるかもしれません。ネガティブな言葉は誰も得をしませんので、思っていたとしても言わないようにしましょう。

断る際は相手会社のダメなところを言うのではなく、条件が合わなかったなど無難に断ると関係が悪くなることはないです。

3.断っても気にしない

せっかくヘッドハンティングして貰ったのに、断るのは申し訳ないと思っている人もいるかもしれませんが、気にしないで大丈夫です。

元々、転職の意志に関係なくスカウトしている訳ですから、貴方が気に病むことはありません。また、ヘッドハンティングをするにあたり、何人か候補者がいる場合が多いので大丈夫です。

ヘッドハンティングの受け方まとめ

ヘッドハンティングとは、会社が求めている人材をヘッドハンターが探してスカウトすることです。優秀な人材を求めている場合も多く、待遇について交渉することも可能です。

しかし、中には人材不足の穴埋めの為にヘッドハンティングと称してスカウトを行うケースもあります。

このような会社に引っかからない為にも、ヘッドハンティングを受けたら内容をしっかり確認しましょう。自分を守れるのは自分だけです。

【徹底調査!】ハイクラス転職とは一体何なのか、実態を調べてみた

2019年6月7日

大手ヘッドハンティング会社3社の口コミを掲載!その実態は

2019年4月18日

ABOUTこの記事をかいた人

nakagawa saori

旅と純喫茶巡りが好きです。 21都道府県、3カ国を旅した経験を元に、記事を書いています。 近代史を学んだり、レトロなものやクラシカルなものを軸に暮らしています。