最高執行責任者(COO)について徹底解説!【管理職の方必見】

アイキャッチ画像
あなた

現在、企業の管理職として勤めており、将来的にCOOと呼ばれる最高執行責任者のポジションを狙っている。だが、具体的にどうやって目指せばよいのかわからない。

エグゼクティブとして会社の重要なポストに立っているあなたは、会社でCOOという役職に触れる機会が多いと思います。

近年、注目されるようになったCOOですが、日本ではまだ一般的に浸透しておらず、実態が掴みづらいですよね。

そこで今回は、COOの現状や役割について解説しながら、COOになるまでのキャリアパスを解説していきます。

やけゆう

この記事を読むことで、今まで不明瞭だったCOOについて詳しく理解することができます。ぜひご覧ください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%93%E3%83%AB-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-1210010/)

スポンサーリンク

最高執行責任者(COO)とは

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%9B%87%E7%94%A8-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-4405260/

そもそもCOOとは、英語の「Chief Operations Officer」の頭文字を取った略語で、日本語だと「最高執行責任者」と訳されています。

また、COOは会社の代表取締役に次ぐ二番目に権限を持った役職で、代表取締役が決定した経営方針に従って業務を執行する責任を負います。

特にCOOは、経営戦略のオペレーションを任されている立場なので、企業において重要な役割を担っています。

元々はアメリカで誕生したCOOですが、日本でもグローバル化が進むにつれ、大企業を中心にCOOを設置する企業が最近増えています。

やけゆう

ちなみに、COOと似た略語で「CEO」と呼ばれる役職も存在します。混同しがちなので、次の項目から「CEO」「COO」の違いについて解説しますね。

最高経営責任者(CEO)と最高執行責任者(COO)の違い

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%8F%96%E7%B7%A0%E5%BD%B9%E7%A4%BE%E9%95%B7-454874/

CEOは最高経営責任者とも呼ばれ、企業の経営全般に対して責任を負いながら、事業方針を決定していきます。日本だとCEOという役職は「取締役会長」「代表取締役社長」に近いです。

CEOに対してCOOは、前述しました通り業務執行の責任を負う役割を担っており、主に会社の各部門を統括しながら、CEOが定めた事業方針に則って執行役として職務を遂行します。

なのでCOOは、経営陣の一人でありながら会社の黒子役に徹し、各事業部をまとめ上げるマネジメント能力が要求されます。

次の項目では、COOに要求されるマネジメント能力に関して解説しますね。

最高執行責任者(COO)に求められる役割

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E5%80%8B%E4%BA%BA-965093/

COOは会社の事業を成功に導くために、各事業部におけるマネージャーや専門技術を持ったスペシャリストを、経営者的な目線でマネジメントする必要があります。

特にCOOが重要視されているのは、会社が保有しているヒト・モノ・カネといった資産を整理し、適切に配置することで会社へ利益をもたらす、といった役割です。

また、企業経営がより複雑化している現代において、COOには素早い意思決定実行力マネジメントの効率化CEOが背負う業務負担の軽減といった役割も求められます。

あなた

グローバル化が進めば進むほど、COOに求められる役割は多岐に渡るのですね…。では、実際にCOOが置かれている現在の状況はどうなんでしょうか?

それでは次の項目から、COO発祥の地であるアメリカと比較しながら、日本におけるCOOの現状について解説しますね。

アメリカにおける最高執行責任者(COO)の現状

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%A5%9E%E5%83%8F-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF-ny-267948/

アメリカでは、主に「オフィサー制度」と呼ばれる管理体制で企業統治を行っています。

オフィサー制度とは、最高経営責任者であるCEOを、会社の業務全てに法的責任を担う立場として設置する方法です。

また、このオフィサー制度では、CEOがCOOなどの「オフィサー」と呼ばれる最高責任者を各部門に設置し、CEOの経営方針などをCOOが執行する体制を取っています。

特に近年では、「FaceBook」や「Google」といったIT企業がオフィサー制度を取り入れ、世界規模で業績を伸ばし続けています。

やけゆう

オフィサー制度を取り入れているアメリカ企業にとって、会社の最高経営責任者を影で支えるCOOの存在は、重要性が増してきていますね。

それでは、日本におけるCOOの現状はどうなっているのでしょうか?

日本における最高執行責任者(COO)の現状

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9D%B1%E4%BA%AC-%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-1121869/

日本では従来、アメリカのオフィサー制度とは異なり、権限が強い順に「会社」「社長」「副社長」「専務」といった役職を設置する、縦社会の管理体制が取られてきました。

ただ、グローバル化が進んだ現代の日本では、「日産自動車」「ソニー」といった日本を代表する大企業やベンチャー企業で、COOを設置する傾向があります。

日系企業がCOOの設置を進めている背景には、やはり長引く不況の影響で、大企業を中心に経営方針の転換を迫られていることが挙げられます。

やけゆう

特に日系企業のCOOは、経営執行責任者として、企業の経営状況を改善する役割が求められていますね。

あなた

COOは会社の経営に携わる重要な役割を担っているのは理解できました。では、COOになるためには一体どういった能力が求められるのでしょうか?

それでは、次の項目ではCOOになるために必要なスキルについて解説しますね。

最高執行責任者(COO)になるためには

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89-1987209/

そもそもCOOには、企業における複数の部門を統括するマネジメント能力が求められます。

なのでCOOになるためには、まず営業や企画など複数の部門で実務経験をした上で、管理職としてのマネジメント経験が必須となります。

また、COOになるためにはマネジメント経験だけではなく、経営に直接携わりながら企業へ大きな収益を残す、といった目に見える成果も必要です。

やはり経営に直接携わる経験を踏みながら実績を積み重ねないと、COOへの道は険しいですね。

あなた

じゃあ、経営に直接携わる経験を踏むためにはどうすればいいの?

既に管理職を経験しているのであれば、経営幹部などエグゼクティブ向けの求人を取り扱っている転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントでは無料でコンサルタントと相談でき、今後のキャリアについて適切なアドバイスを頂くこともできます。

次の項目からは、COOを目指すエグゼクティブのあなたにオススメの転職エージェントを3つ紹介しますね。

COOを目指すエグゼクティブにオススメの転職エージェント①

出典:https://doda.jp/executive/

まず1つ目に紹介する転職エージェントはdodaエグゼクティブ」です

dodaエグゼクティブは、人材紹介サービス最大手の「doda」が運営する転職エージェントで、主に年収800万円を超えるエグゼクティブ向けの求人を取り扱っています。

またdodaエグゼクティブは、運営元であるdodaのネットワークを活かして、非公開求人であるCEOやCOOといった経営幹部の求人情報を、数多く紹介しています。

さらにdodaエグゼクティブを利用すると、dodaが提携している300以上の転職エージェントからも求人が紹介されるので、自分の経歴に見合った会社が見つかることでしょう。

COOを目指すエグゼクティブにオススメの転職エージェント②

出典:https://www.springjapan.com/

続いて2つ目に紹介する転職エージェントは「Spring転職エージェント」です。

Spring転職エージェントは、世界最大級の人材サービス企業である「Adecco Group」の転職支援サービスで、様々な国籍のコンサルタントが在籍しています。

なのでSpring転職エージェントは、国内有数の大手企業はもとより、外資系企業の求人に強みを持っており、グローバルなネットワークを活かしたハイクラス求人が多いのも特徴の一つです。

また、Spring転職エージェントでは1人のコンサルタントが「転職希望者」「求人企業」の両方を一気に担当するため、求人情報の中身が正確で、応募者にマッチした求人を紹介することができます。

ちなみに一般的な転職エージェントだと、「転職希望者」と「求人企業」の担当制は、効率の良い分業制を採用していることが多いです。

COOを目指すエグゼクティブにオススメの転職エージェント③

出典:http://www.jac-recruitment.jp/

3つ目に紹介する転職エージェントは「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは、管理部門の職種を専門とした転職エージェントで、主に人事や経理、経営企画といった職種の求人を保有しています。

またJACリクルートメントは、CEOCOOといった経営幹部の求人も数多く取り扱っており、管理職の方がキャリアアップするには最適な転職エージェントと言えるでしょう。

さらに、JACリクルートメントのコンサルタントは、キャリアアドバイザー教育が徹底されており、質の高い転職サービスが評判となっています。

まとめ

今回は、COOと呼ばれる最高執行責任者について解説しました。要約すると下記の通りです。

COOに求められるスキル
  • 営業や企画といった部門での実務経験
  • 部門をまとめ上げるマネジメント能力
  • 会社に利益をもたらす経営センス
COOを目指すのに最適な転職エージェント

会社の経営に直接関われるCOOは、管理職から目指す役職としては価値のあるポジションです。

この記事で解説しましたCOOのスキルを意識し、エグゼクティブ向け転職サービスを活用することで、あなたのCOOへの道が開かれることを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

やけゆう

沖繩出身・地元の上場企業で管理職として10年勤務。 現在は、転職系メディア「Executive Navi」、金融系メディア「DEBIT INSIDER」でライティング記事を執筆しながら、Twitter・ブログで情報発信中です。 ライティングスキルを身につけ、時間・場所に縛られずに生きることが目標。