転職でキャリアアップ!おすすめエージェント4選やポイントも解説!

「自分自身の成長や収入アップのためのキャリアアップ転職を考えているが、どう進めていったらいいかわからない」

今回はそんなあなたのために、キャリアアップ転職をする前の準備とおすすめ転職エージェント4つを紹介します。

この記事を読めば、キャリアアップ転職の準備ができますよ。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/726352?title=%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%20%E4%B8%8A%E6%98%87%E5%BF%97%E5%90%911)

スポンサーリンク

そもそもキャリアアップとは?何から始める?

(画像出典:https://www.pakutaso.com/20170842242post-13004.html)

キャリアアップというのは、ある分野における専門的知識やスキルを身につけることで、経歴を積み、技術的だけでなく人間的成長をすることを指します。

定義が広いため、キャリアアップと一口に言ってもそれぞれ人によってキャリアアップは異なります。

収入を上げたい人、課長から部長へ役職をあげたい人、中小企業から大企業に転職したい人、全てがキャリアアップです。ただ、どのタイプの人にも共通して言えることは『なりたい自分』がいるということ

なので、キャリアアップを考え始めたらまずはどんな自分になりたいのかというところから考え始めていきましょう。

キャリアアップのビジョンを立てよう

(画像出典 https://pixabay.com/ja/photos/スタートアップ-ホワイト-ボード-3267505/)

キャリアアップを考えているなら、まず自分が今後どうなりたいかのビジョンを決めておくことは非常に大切です。

このことをキャリアプランと言い、なりたい自分の最終的なゴールや道筋を決めておくことで、自分がそのためにやるべきことが明確化できます。

また、ゴールが決まると自分自身の言動の軸となるので、転職の面接時にもブレない回答ができたり、モチベーションアップにもつながったりします。

具体的には、キャリアプランは3つのビジョンで構成すると良いと言われています。

  • 長期的ビジョン:将来的な自分の理想。多少ざっくりとしたものでも良い。
  • 中期的ビジョン:10年先の目標。長期的ビジョンを達成するためのステップ。
  • 短期的ビジョン:1ヶ月ほどで達成できる目標。できるだけ数値を入れて具体的な目標にする。

まずは長期的ビジョンから立てていき、最後は具体的な短期的ビジョンを決めるようにしましょう。

キャリアプランがないとキャリアアップは望めません。自分がどのようになりたいのかを可視化すれば、きっと良いスタートダッシュを切れるでしょう。

転職を考える前に自社でキャリアアップできるかも考えておく

(画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-2692466/#content)

キャリアプランが決まったら、次はそれがどの環境で達成できるかを考えましょう。最近では、キャリアアップ=転職という流れも見られますが、自社内でキャリアアップできる可能性もあります。

案外キャリアプランを立ててみたら社内でもキャリアアップが実現できるかもしれないというケースもあるかもしれません。

なので、社内でキャリアアップしたほうがいいのか、転職した方がいいのかをまずはトータルで考えましょう。

そうすると、あなたのキャリアプランと照らし合わせた時にどちらがあなたのキャリアプランに適した選択かに気づくことができますよ。

転職エージェントに相談しよう

(画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ビジネス-レディ-女性-女の子-3560931/)

転職するべきなのか否かという判断や、キャリアアップ転職について考え始めたなら、転職エージェントを利用するとより良いでしょう。

転職エージェントは相談者がどうなりたいかを汲み取り、サポートするキャリアのプロで、転職活動においてあらゆるサポートをしてくれます。

具体的には、以下のようなことをあなたの代わりに行ってくれるので、現在の仕事に影響を出さずに簡単に転職活動を進めることができます。

転職エージェントの主なサポート
  • 面接の日程調整
  • 配属先の交渉
  • 給与の交渉
  • 入社手続き

前の見出しで解説したキャリアプランをしっかり構築していれば、さらにあなたの市場価値とニーズにあった適切な案件を提案してもらえます。

次の見出しからは、キャリアアップを実現するためにオススメな転職エージェントを4つご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャリアアップ転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア』は人材派遣会社パソナが運営する転職エージェントです。求人件数は非公開求人含め5万件で、求人の質が高いだけでなく、フォローも手厚いと評判です。

その手厚さを証明するサービスとして、パソナキャリアに登録すれば『転職必勝ガイド』という転職に関するノウハウが詰まった本がもらえるというものがあります。

初めて転職する方や、第2新卒の方でも安心してキャリアアップ転職が望める環境づくりに力を入れていることが分かりますね。

また、転職後の収入アップ率は67.1%と多くの方が収入アップを実現しています。パソナキャリアは安心できる転職活動だけでなく収入面でのキャリアアップも期待できますよ。

エグゼクティブ転職を考えるならパソナグループを頼るのがお勧めな理由

2019年11月2日

キャリアアップ転職エージェント②マイナビエージェント

マイナビエージェント』は株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

20代もしくは第2新卒の転職に力を入れており、マイナビエージェントは2018年に実施された楽天リサーチの調査で20代に信頼されている転職エージェントNo.1を獲得しています。

また、マイナビエージェントはあらゆる職種や業種を網羅する総合型転職エージェントでありながら、キャリアアドバイザーは業界別の選任制となっているのが他社と違うところ。

20代や第2新卒で、業種を絞ったキャリアアップ転職ならマイナビエージェントがオススメでしょう。

キャリアアップ転職エージェント③JACリクルートメント

JACリクルートメント』は外資系企業の求人に力を入れている転職エージェントです。職種は営業職・管理職・エンジニアなどの職種に力を入れており、企業案件の保有数は約9000件。

JACリクルートメントはコンサルタントの質が高く、年収600万円以上のハイキャリア案件が多いのも特徴です。

多くのハイキャリアへの転職をサポートしてきた実績をもとに面接対策や転職成功のための的確なアドバイスがもらえます。

外資系企業で、かつ600万円以上のハイキャリアのキャリアアップを考えているなら、JACリクルートメントでの転職をオススメします。

【外資系に強い】JACリクルートメントの転職サービスを詳しく紹介!

2020年4月24日

キャリアアップ転職エージェント④ビズリーチ

『ビズリーチ』は年収が600万円以上あるハイキャリア向けの転職エージェント会社です。3500人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名を受けるヘッドハンティング型のサービスが特徴です。

案件も年収600万円以上の高収入案件や高ポジションの案件を中心に扱っているので、収入面でのキャリアアップや役職でのキャリアアップが大いに期待できます。

また、ビズリーチはヘッドハンティング型転職サービスなので、とりあえず登録しておいて、好条件のスカウトが来るまで待ってみるということができるのもビズリーチにしかないメリットです。

ヘッドハンティングを受けられる転職サイト、ビズリーチを徹底解説!

2020年2月25日

キャリアアップ転職する際の3つのポイント

ここまで、業界ごとに転職エージェントを紹介してきましたが、ここでキャリアアップ転職をするにあたってのポイントを3つご紹介します。

キャリアアップ転職のポイント
  • 企業研究と業務理解を怠らない
  • 転職エージェントには複数登録すること
  • キャリアプランの確立は必須

それぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

企業研究と業務理解を怠らない

キャリアアップ転職の際は、企業研究と転職したい会社の業務理解を怠ってはいけません。

なぜなら、企業研究や業務理解が足りていないと、自分の持つキャリアがそこで発揮できるか自分では分からないからです。

たとえ面接で受かったとしても、内定後に「思っていたイメージと違う」となりかねません。よって、自分の持つキャリアと照らし合わせて、企業研究や業務理解を進めるようにしましょう。

転職エージェントには複数登録すること

キャリアアップ 転職の場合、転職エージェントには必ず複数登録しておくことはオススメです。

複数の転職エージェントに登録しておけば、多くの求人情報を収集できるほか、あらゆるキャリアアドバイザーの転職ノウハウを学ぶことができるのがメリットです。

また、同業種のキャリアアップを考える方なら、業種を絞った求人情報は特化型の転職エージェントをメインにして、その他関連分野の求人情報は総合型から得る、といったような使い分けも可能になります。

キャリアプランの確立は必須

また、当然のことながら前の見出しで紹介したキャリアプランの確立も必須です。

  • どのようにキャリアアップしたいのかという具体的なビジョン
  • なぜ今の会社では希望するキャリアアップが実現できないのか

上記の内容は、転職エージェントと面談をする際にも必ず聞かれる部分になるので、自分の中ではっきりさせておきましょう。

まとめ

キャリアアップ転職の際の注意点、今回ご紹介した転職エージェントを要約しました。

キャリアアップ転職の際の注意点
  • 企業研究や業務理解を怠らないこと
  • 転職エージェントには複数登録すること
  • キャリアプランの確立は必須

少し転職を迷っていたとしても、今回紹介した転職エージェントは無料相談や無料体験のサービスがあります。なので、まずは相談してみるというのも手です。

この記事を参考にして、素晴らしいキャリアアップ転職につなげていってくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

kanta

【私の好きなもの】キャンプ、旅行、買い物(とにかくじっとしてられません) 【私のモットー】地道・愚直・徹底的 【私の肩書き】会社員 【私はどんな人か】合理的ではあるが、たまに情に厚い時もある。 【私の好きな人】考え方が柔軟な人、他人に何かを与えられる人 【最近の自虐ネタ】同じ忘れ物を三連続したこと 【私の理想】ライターとしての収益を軸にする