ヘッドハンティングの4つのタイミング|条件交渉や退職はいつごろ?

「ヘッドハンティングをされるタイミングって?」「条件交渉のタイミングは?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

ヘッドハンティングは、通常の転職よりも内密に行われることが多いので、情報が行き渡りにくいです。タイミングについて疑問を感じるのも当然と言えます。

この記事では、ヘッドハンティングのタイミングとして以下4つを取り上げます。

上記の文字をクリックするとその箇所に飛べますので、気になる箇所から読んでみてください。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4082416?title=時計と考える人)

スポンサーリンク

ヘッドハンティングされたい人が転職活動を始めるタイミングは?

https://www.photo-ac.com/main/detail/1247725?title=面接イメージ

中途採用のピークは3月と9月なので、このタイミングで転職活動を始めるのが一般的です。日本企業は4月から始まる企業が多く、9月は上半期と下半期の境目になるタイミングだからです。

ただ、業界によっては採用活動をしている時期が異なります。タイミングはあくまで参考程度にとどめるのがよいでしょう。

転職活動は気力と体力が必要です。転職活動を乗り切る気力が一番大きいのは、あなたが「転職したい!」と思ったタイミングです。

まずはヘッドハンティングを受けられるサービスに登録してみましょう。気に入るオファーがなければ、新規求人が増える3月や9月まで待ってみとよいかもしれません。おすすめサービスは以下の記事で紹介しています。

【ヘッドハンティング】おすすめの大手会社を5つ紹介!

2019年6月22日
スポンサーリンク

ヘッドハンティングのスカウトを受けるタイミングは?

https://www.photo-ac.com/main/detail/681395?title=組織統治・ガバナンス1

ヘッドハンティングのスカウトを受ける時期は、人によって異なります。企業によってヘッドハンティングをする時期が異なるからです。

基本的に、新規事業を立ち上げようとしているときなどに、ヘッドハンティングに乗り出す企業が多いようです。

企業の都合で決まるため、あなたがヘッドハンティングされるタイミングは予測できません。スキルや実績があるとヘッドハンティングされやすいので、仕事で経験を積みつつチャンスを待つとよいでしょう。

ヘッドハンティングは焦らずタイミングを待つのがよい

https://www.photo-ac.com/main/detail/3881518?title=スマートフォンを持ち微笑む女性

役職のあるポジションは限られているため、いわゆる平社員よりもチャンスは少なめです。ヘッドハンティング自体も、相手からのオファーを待つスタイルなので、時間がかかります。

そのため、ヘッドハンティングを受けたい場合には、じっくりと焦らずにタイミングを待つのがおすすめです。

ヘッドハンティングを受けられるサービスがありますので、まずは登録してオファーを待ってみましょう。実際にあなたに興味をもつ企業がどれくらいあるのかがわかるでしょう。

ヘッドハンティングが受けられるおすすめサービスについては、以下の記事を参考にしてください。実績のある大手サービスをまとめています。

【ヘッドハンティング】おすすめの大手会社を5つ紹介!

2019年6月22日
スポンサーリンク

ヘッドハンティングを受けやすくするためには?

https://www.photo-ac.com/main/detail/493920?title=希望に満ちている社会人4

ヘッドハンティングが受けられるサービスに登録をしても、なかなかオファーがこないこともあります。

自分で情報発信をするなどの努力を組み合わせることで、オファーを受けやすい状態を整えられます。

サービスのプロフィールだけでは人柄を伝えるのは困難なため、SNSやブログなどを通して伝えると効果的です。

ヘッドハンティングを受けやすくする方法については、以下の記事も参考にしてください。

ヘッドハンティング 受けるには

ヘッドハンティングを受けるにはどうすべき?やっておくべきこと8選

2019年3月27日

ヘッドハンティングの条件交渉はどのタイミングがいい?

https://www.photo-ac.com/main/detail/4119847?title=ビジネスマンの分かりやすいスピーチ

ヘッドハンティングは好条件で就職できることも多いですが、「もう少し待遇がよくならないかな…」と感じることがあるのも事実。

今の役職よりも責任あるポジションに任命されたときには、高待遇を望みたくなるものです。とは言っても、「条件交渉で失敗して破談になったら…」などと心配になる人もいるでしょう。

破談になるリスクを避けるためにも、条件交渉は内定後がおすすめです。もちろん、内定前に提示された条件があなたの許容範囲内であることが前提です。

ヘッドハンティングの条件交渉については、以下の記事を参考にしてください。

ヘッドハンティングをされたらすべきことから待遇交渉まで徹底解説!

2019年10月25日
スポンサーリンク

ヘッドハンティング後の退職はどのタイミングがいい?

https://www.photo-ac.com/main/detail/4291006?title=退職届を持つ男性

1番大切なのは、転職先が決まってから退職することです。きちんと内定が決まってから退職しないと、急に断られて職を失う可能性があるので注意しましょう。

また、退職のタイミングが悪いとトラブルになる可能性があります。ヘッドハンティングを受けて退職する場合には、以下3点に注意してください。

退職のタイミング
  1. 業績はよいか
  2. 決算の区切りはよいか
  3. 次の人事が決定しているか

あなたの仕事を引き継ぐ人がいる状態で退職しましょう。仕事内容をマニュアルにまとめる、直接指導するなどして、あなたが退職した後も問題なく仕事が回る状態を作ってください。

ヘッドハンティングにおける退職については、以下の記事で解説しています。退職時の注意点や具体的な退職理由について知りたい人は、参考にしてください。

ヘッドハンティング転職するときの注意点と3つの退職するための理由

2019年6月21日

ヘッドハンティングを受けたときの注意点3つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/4021458?title=人差し指でポイントを示す若いビジネスウーマン

ここまで、ヘッドハンティングにおける4つのタイミングについて紹介しました。現実的には100%完璧なタイミングで行うのは難しいですが、なるべくよいタイミングを見計らってみてください。

ヘッドハンティングは好条件の転職につながりますが、注意するべきこともあります。ヘッドハンティングを受けた場合には、以下3点に注意を払ってください。

注意点3つ
  1. 悪質なものもある
  2. 複数人をスカウトしている場合もある
  3. 断るときは丁寧に

思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、事前に確認しておきましょう。

ヘッドハンティングを受けたときの注意点①悪質なものもある

https://www.photo-ac.com/main/detail/2676705?title=白い仮面をつけた男性

ヘッドハンティングは、優秀な人材を確保したい企業とキャリアアップしたい人の双方にメリットがあるものです。

しかし、「高待遇の職場に就職したい」という気持ちを利用した、詐欺も存在します。詐欺に騙されてしまうと、職を失ってしまいますし、キャリアにも傷がついてしまいます

詐欺の手口はいくつかありますが、金銭を要求されるものが1番わかりやすいでしょう。仕事を覚えるためのセミナー参加費などを要求されたら、注意が必要です。

悪質なヘッドハンティングの手口や見分け方については、以下の記事を参考にしてください。

ヘッドハンティングの見分け方!良いものと悪いものの違いとは?

2020年1月10日

ヘッドハンティングを受けたときの注意点②複数人いる場合もある

https://www.photo-ac.com/main/detail/3436126?title=ビジネス+コミュニケーション

一口にヘッドハンティングと言っても、実際の手法は以下2種類があります。

ヘッドハンティングの種類
  1. 指名スカウト:条件に合う人を指名してスカウトする方法
  2. ロングリスト:条件に合いそうな人に対してまとめてオファーを出す方法

ヘッドハンティングと聞いて、多くの人がイメージするのは指名スカウトでしょう。しかし、実際には複数人にまとめてオファーを出し、面接で適性を見定めるケースもあります。

ヘッドハンターによる面接をし、その後に企業との面接をするため、選考に時間がかかります。ヘッドハンティングで転職する場合には、期間に余裕をもって転職活動を行うようにしてください。

また、複数人がスカウトされるということは、競合がいるということです。競合に負けないよう、あなたの実績やスキルをきちんとアピールしていきましょう。

ヘッドハンティングを受けたときの注意点③断るときは丁寧に

https://www.photo-ac.com/main/detail/2034085?title=NOの男性

ヘッドハンティングをされても、条件に納得がいかない場合には断ることになります。断る際には、丁寧な対応を心がけてください。

ヘッドハンターとの関係を良好に保っておけば、後日、条件のよいオファーを持ってきてもらうこともできるからです。

また、ヘッドハンターの時間を取らせないためにも、決断したらすぐに伝えるようにしましょう。メールや電話で丁寧に断れば問題ありません。

詳しいヘッドハンティングの断り方については、以下の記事を読むのがおすすめです。

ヘッドハンティングを断る時はメールか電話で!

2019年3月12日

まとめ ヘッドハンティングはタイミングに注意しよう

https://www.photo-ac.com/main/detail/393097?title=ビジネスマン-スケジュール

ヘッドハンティングに関する4つのタイミングを紹介しました。紹介した内容を整理しておきましょう。

タイミングまとめ
  1. 転職活動を始めるタイミング:3月や9月、「転職したい」と思ったとき
  2. スカウトを受けるタイミング:企業の状況によるため予測不能
  3. 条件交渉をするタイミング:内定が決まったあとがおすすめ
  4. 退職するタイミング:決算期の区切りがよく、人事決定しているとき

これら4つのタイミングを、すべてベストな状態にするのは現実問題としてかなり難しいでしょう。唯一コントロールできる条件交渉のタイミングについては、ぜひベストなタイミングで行ってみてください。

そのほか3つのタイミングについては、あなたが選べる範囲内で調整していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

脱サラ目指してwebで執筆中。旅行、金融、インテリアに関するメディアで執筆しています。読者の視点に立った丁寧な記事作りを得意としており、SEOライティングでGoogle検索順位10位以内を多数獲得。「ハートは熱く、頭はクールに」「悪あがき上等」がモットー。あっしーという名だが、いわゆる「アッシー君」ではない。車は助手席に乗っているほうが好き。