ヘッドハンティングを受ける方法|手間なく好条件の企業に転職しよう

「ヘッドハンティングを受ける方法を知りたい」という方に向けて記事を書いています。

もしあなたが役職についているなら、ヘッドハンティングを受けるのがおすすめ。ヘッドハンティングを受けるためには、あなたのスキルを欲している企業に見つけてもらう必要があります。

この記事では、ヘッドハンティングを受けるにはどうしたらよいのかについて解説します。働きながらでも実践しやすいように、少ない手間でヘッドハンティングを受ける方法を取りあげますので、参考にしてください。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4616544?title=考えるビジネスマン)

スポンサーリンク

ヘッドハンティング・転職サイト・転職エージェントの違い

https://www.photo-ac.com/main/detail/403286?title=ビジネスのポイントを指し示す男性-青背景

転職活動をする際に利用できるものとして、以下3つが挙げられます。

転職に利用できるもの3つ
  1. ヘッドハンティング
  2. 転職サイト
  3. 転職エージェント

冒頭でもお伝えしたように、役職がある方が転職する場合にはヘッドハンティングの利用がおすすめです。

その理由をより深く理解するためにも、以上3つの違いを押さえておきましょう。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、企業からスカウトを受けることです。役職についている方を中心に行われています。

ポジションアップや昇給が期待できたり、思いも寄らない企業からオファーが来たりします。役職をもっている方に特化されているので、希望する企業を見つけやすいのが特徴です。

転職サイト

転職サイトは、掲載されている求人の中から気に入ったものを選んで応募できるサイトです。求人数は多いですが、その分、求人を探す手間がかかります

また、役職のない求人が大部分を占めています。役職についている人が利用するには、手間がかかりすぎてしまうでしょう。時間に余裕がある場合にはよいですが、基本的にはおすすめしません。

転職エージェント

転職エージェントは、担当者が付いて、おすすめの求人を紹介してもらえるサービスです。「転職サイトに転職支援がついてくる」といったイメージです。

求人を探す手間は省けますが、担当者によっては役職のある人の転職についての経験が少ない可能性があります。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングを受ける方法2つ

https://www.photo-ac.com/main/detail/421037?title=ビジネス閃き

役職についている人が転職する場合には、ヘッドハンティングを受けるのがおすすめです。とは言え、「どのようにすればヘッドハンティングを受けられるのか」という疑問を持つ方もいるでしょう。

ヘッドハンティングを受ける方法としては、以下の2つがあります。

ヘッドハンティングを受ける方法2つ
  1. 自分で情報発信をする
  2. サービスを利用する

それぞれメリットデメリットがあります。次章以降で紹介していきますので、あなたにあった方を選んでみてください。

ヘッドハンティングを受ける方法①自分で情報発信をする

https://www.photo-ac.com/main/detail/2295281?title=SNSで情報発信

以下のような方法を使って、自分でスキルや実績をアピールしていきましょう。ヘッドハンターの目に止まれば、ヘッドハンティングを受けられます。

情報発信方法
  • セミナーや異業種交流会などに参加する
  • ブログで発信する
  • SNSで発信する

ヘッドハンターだけでなく、人材を欲している会社から見つけてもらえば、転職できます。知り合いから「うちの会社に来ないか?」などと紹介を受けるのです。

あなた自身で発信をするため、あなたの人柄を十分に理解してくれる会社と出会いやすいです。

ただ、仲介者がいない分、悪質なヘッドハンティングを見抜きにくいというデメリットがあります。悪質なヘッドハンティングについては、後述します。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングを受ける方法②サービスを利用する

https://www.photo-ac.com/main/detail/4191020?title=スマホをみるビジネスマン

転職サイトや転職エージェントなどのように、ヘッドハンティングを受けられるサービスがあります。自分で情報発信をするよりも手軽ですので、手間をかけたくない人におすすめです。

ヘッドハンティングのサービスは、大きく分けると以下2種類があります。

①マッチング型(登録型)

サービス担当者が、あなたの実績やスキルを考慮しつつ、条件に合いそうな企業を紹介してくれます。

企業が求める人物像も考慮した上でマッチングしてくれるので、希望通りの企業が見つかりやすいです。履歴書の書き方などの転職支援もしてもらえる場合があります。

「転職のプロからアドバイスを受けたい」「転職支援も受けたい」という人におすすめです。

②スカウト型

あなたのスキルや実績を登録しておくと、興味をもった企業からオファーが届きます。

一度登録しておけばあとは待つだけなので、「手間をかけたくない」という人におすすめです。

ヘッドハンティングを受けたい人におすすめのサービス

https://www.photo-ac.com/main/detail/4613208?title=ポイントを示すスーツを着た女性

ヘッドハンティングを受けられるサービスは多数あります。とくにおすすめなサービスを紹介しますので、サービス選びの参考にしてください。

案件数の多さや転職のしやすさを重視するなら、信頼と実績のある大手サービスの利用がおすすめ。「まずは大手のサービスから利用したい」という人は、以下の記事を参考にしてください。

【ヘッドハンティング】おすすめの大手会社を5つ紹介!

2019年6月22日

「転職支援を受けたい」「相談できる相手が欲しい」という人は、マッチング型のサービスがおすすめです。マッチング型のおすすめサービスを知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

ヘッドハンティングされたい人にオススメの転職サイト8選!

2020年1月10日

ヘッドハンティングサービスによって、得意とする業界が異なります。自分が働いている業界に強いサービスを利用したい人は、以下の記事を参考にしてください。

ベンチャー・IT・金融・製造・小売流通・コンサルティング業界を取り上げています。

【業界別】年収UPに繋がるおすすめヘッドハンティング会社6選

2020年2月17日
スポンサーリンク

ヘッドハンティングを受けやすくする方法

https://www.photo-ac.com/main/detail/3851376?title=スーツを着た男性66

情報発信をしたり、サービスに登録したりしても、「あまりヘッドハンティングされない」という状況になってしまうこともあります。

せっかく転職するなら、複数の企業からヘッドハンティングを受けて、よい条件の企業を選びたいでしょう。

先ほどは情報発信とサービス利用の2択で紹介しましたが、サービスを利用しながら情報発信をするのもおすすめです。人となりが伝わるため、企業側も安心しますし、ミスマッチングも防ぎやすいためです。

さらにヘッドハンティングを受けやすくするための方法を知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

ヘッドハンティング 受けるには

ヘッドハンティングを受けるにはどうすべき?やっておくべきこと8選

2019年3月27日

ヘッドハンティングを受けた後の流れ

https://www.photo-ac.com/main/detail/3207262?title=ビジネスイメージ―start+to+success

ヘッドハンティングを受ける方法がわかっても、受けた後の流れがわからないと不安になるでしょう。

ヘッドハンティングを受けた後は、以下のような流れで進んでいきます。

ヘッドハンティングの流れ
  1. ヘッドハンターから連絡が来る
  2. ヘッドハンターと面談
  3. 相手企業と面談
  4. 条件などを交渉
  5. 最終決定

マッチング型のサービスを利用する場合には、相手企業との面談の前に、サポートを受けることになります。

利用するサービスによって若干の違いはありますが、おおよそ以上のような流れで進みます。より詳しい流れについては、以下の記事を参考にしてください。

ヘッドハンティングを受けてからの流れと注意点を徹底解説!

2019年11月14日

ヘッドハンティングを断る方法

https://www.photo-ac.com/main/detail/4233620?title=断るポーズのスーツの男性

ヘッドハンティングを複数受けた場合や、希望に沿わないと感じた場合には、断ることになります。しかし、「断るなんて申し訳ない」などと罪悪感を覚えてしまう方もいるでしょう。

ヘッドハンティングは単なる「お願い・依頼」なので、普通に断ってしまって問題ありません。相手方も「応じてくれたら嬉しい」くらいの感覚であるため、あまり深刻に捉えないでください。

断り方については、基本的にメールか電話がおすすめです。ヘッドハンターはトークが得意ですので、直接会うと決心が揺らぐ可能性があるからです。

メールや電話を使った具体的な断り方については、以下の記事を参考にしてください。

ヘッドハンティングを断る時はメールか電話で!

2019年3月12日

知り合いからのヘッドハンティングである場合には対面で断るのがおすすめです。メールなどで済ませてしまうと、冷たい印象を与えてしまう可能性があるからです。

今後の関係を維持するためにも、丁寧に断るようにしましょう。具体的な断り方については、以下の記事を参考にしてください。

ヘッドハンティングの丁寧な断り方【知り合いから誘われた人必見!】

2020年4月25日

注意!悪質なヘッドハンティングを見分ける方法

https://www.photo-ac.com/main/detail/4828122?title=ハッカーイメージ

残念なことに、悪質なヘッドハンティングも存在します。実際に承諾し、勤めていた企業を退職した後に、音信不通になってしまうこともあるのです。

サービスを利用する場合には、悪質なヘッドハンティングを受けるリスクは低いでしょう。しかし、可能性はゼロではないので、見分け方を身につけておくことをおすすめします。

悪質な手口もいくつかパターンがありますが、事前の払込が必要なものはとくに注意してください。「保証金」などと称して金銭を要求してくる場合には、受けない方がよいでしょう。

そのほかの悪質なヘッドハンティングの種類や見分け方については、以下の記事を参考にしてください。

ヘッドハンティングの見分け方!良いものと悪いものの違いとは?

2020年1月10日

まとめ ヘッドハンティングの方法を知ってよい転職活動をしよう

https://www.photo-ac.com/main/detail/4029884?title=ビジネスイメージ―キャリアアップ

ヘッドハンティングを受ける方法を紹介しました。役職についている人が転職する場合には、案件が探しやすいヘッドハンティングがおすすめです。

手間をかけずにヘッドハンティングを受けたい人は、サービスを利用しましょう。あなたのスキルや実績を登録しておけば、スカウトを受けたり、おすすめ企業を紹介してもらえたりします。

「どのサービスを利用したらいいかわからない」という人は、まずは大手のサービスを利用してみましょう。以下の記事におすすめな大手のサービスをまとめていますので、参考にしてください。

【ヘッドハンティング】おすすめの大手会社を5つ紹介!

2019年6月22日

ABOUTこの記事をかいた人

あっしー

脱サラ目指してwebで執筆中。旅行、金融、インテリアに関するメディアで執筆しています。読者の視点に立った丁寧な記事作りを得意としており、SEOライティングでGoogle検索順位10位以内を多数獲得。「ハートは熱く、頭はクールに」「悪あがき上等」がモットー。あっしーという名だが、いわゆる「アッシー君」ではない。車は助手席に乗っているほうが好き。